玉木宏、「心に余裕ができた」40代を迎えた変化と進化

「街で小学生に『龍(たつ)だ』と声を掛けられるんです」──そう嬉しそうに語る俳優・玉木宏。龍とは、映画『極主夫道 ザ・シネマ』で玉木が演じる主人公のこと。“不死身の龍”と呼ばれた元極道で現在は専業主夫の男。鋭い目つきにサングラス、額から左目にかけては大きな傷と見た目は怖いが、真っすぐな性格はなんとも言えずチャーミング。子どもから支持されるのもうなずける。玉木にとって40代になって出会った野心的なキャラクターを通して、どんなことを感じているのだろうか?

自分のためだけに頑張るというのは波がある

 玉木が主演を務めたテレビドラマ「極主夫道」の劇場版となる『極主夫道 ザ・シネマ』。玉木が演じる龍は、極道の世界では“不死身の龍”と恐れられていた筋金入りのヤクザだが、美久(川口春奈)と結婚したことを機にその世界から足を洗い、専業主夫として不器用ながらも家族に愛を注ぐ男へと変貌した。
ADVERTISEMENT

 玉木自身、連続ドラマから劇場版と龍を演じて「誰かを守るという尊さのようなものは感じていました。家族であったり、子どもであったり。映画ではハムスターも出てきますが、無条件に守るべき存在というのはあると思うんです」と気づきが多かったことを明かす。「もちろん暴力はダメですし、しっかりと大切なものを、優しさを持って守るという龍の気持ちが理解できるんです」

 「優しさ」というキーワードは、コミカルな展開が続くなかでも「極主夫道」を貫いている感情だ。どんなに風貌が怖くても、口が悪くても、人に対する優しさが心を動かす。

玉木宏、父になって「心に余裕ができた」40代を迎えた変化と進化|シネマトゥデイ
「街で小学生に『龍(たつ)だ』と声を掛けられるんです」──そう嬉しそうに語る俳優・玉木宏。龍とは、映画『極主夫道 ザ・シネマ』で玉木が演じる主人公のこと。
タイトルとURLをコピーしました