深田恭子、活動再開後も主演映画が撮影休止中

「休養に入った当時、大きな波紋が広がりました。彼女は複数の主演映画やドラマを抱えていましたから……。活動再開後は、仕事量をセーブしてきましたが、6月にも本格的に女優業を再開する運びになっていると聞いています」(芸能プロ関係者)

昨年、適応障害と診断され、3カ月超の休養を余儀なくされた深田恭子(39)。イベントなどではおなじみの明るい笑顔も見せ、着実に元気な“深キョン”に戻ってきているようだが――。

「現在も、ある主演映画の撮影が止まったままなのです」

こう明かすのは、ある映画会社関係者だ。

「この作品は、正式な製作発表が行われていませんが、もともと今年に公開される予定でした。深田さんが演じるのは団地暮らしの母親で、無理をして娘を名門幼稚園に通わせている、という設定。

共演する尾野真千子さん(40)扮するママ友と、ドロドロの愛憎劇を繰り広げる……という内容です。製作陣には、映画賞の受賞経験もある気鋭の監督が加わっています」(前出・映画会社関係者)

深田も複数のシーンをすでに撮影していたという。

深田恭子 活動再開後も主演映画が撮影休止中…深酒報道で製作側は精神面も不安視 | 女性自身
「休養に入った当時、大きな波紋が広がりました。彼女は複数の主演映画やドラマを抱えていましたから……。活動再開後は、仕事量をセーブしてきましたが、6月にも本格的に女優業を再開する運びになっていると聞いています」(芸能プロ関係者)   昨年、適応障害と診断され、3カ月超の休養を余儀なくされた深田恭子(39)。イベントなどで...
タイトルとURLをコピーしました