伊藤沙莉、実写映画の声優に初挑戦!『ジュラシック・ワールド』最新作で

女優の伊藤沙莉が、映画『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』(7月29日公開)で、新キャラクター・ケイラ役の日本語吹替キャストを務めることが26日、発表された。

スティーヴン・スピルバーグが“恐竜”に命をふきこみ、映画史に偉大な足跡を残した『ジュラシック・パーク』、そして『ジュラシック・ワールド』シリーズ。累計5000億円以上の世界興行収入を記録しているこの「ジュラシック」シリーズに関して、全世界待望のシリーズ最新作にして完結編となる『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』が7月29日に日本公開される。

前作に引き続き、主人公オーウェン役にクリス・プラット、そしてヒロインのクレア役にはブライス・ダラス・ハワードが続投。先日公開された最新予告では、『ジュラシック・パーク』シリーズで活躍したサム・ニール演じるアラン・グラント博士、ローラ・ダーン演じるエリー・サトラー博士、前作でカムバックしたジェフ・ゴールドブラム演じるイアン・マルコム博士といったレジェンドキャラクターたちも登場し、さらには新キャラクター&新恐竜達の姿も明らかに。大ヒットシリーズの最終章を飾るに相応しい、スケール感、映像技術、そしてエンターテインメント性など全てにおいてフルスケールアップを果たしている。

先日、日本語吹替版キャストとしてクリス・プラット演じる主人公オーウェン役に玉木宏さん、ブライス・ダラス・ハワード演じるクレア役に木村佳乃さんの続投が発表されたが、このたび、オーウェンやクレアたちと行動を共にし、物語を大きく動かす新キャラクター・ケイラ役(ディワンダ・ワイズ)の日本語吹替キャストに伊藤沙莉が決定。今までアニメーション作品では何度か声優として出演経験のある伊藤だが、今回実写映画の声優は初挑戦となる。

伊藤沙莉、実写映画の声優に初挑戦!『ジュラシック・ワールド』最新作で新キャラ担当
女優の伊藤沙莉が、映画『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』(7月29日公開)で、新キャラクター・ケイラ役の日本語吹替キャストを務めることが26日、発表された。
タイトルとURLをコピーしました