清野菜名、「トップコート」電撃移籍の真相は・・・

清野菜名(27)が大手芸能プロダクション「トップコート」に電撃移籍したことが、関係者の間に波紋を広げている。昨今の芸能界の事務所移籍は佐藤健(33)、上野樹里(35)らに象徴されるように、「発展的なマネジメント契約の解消」「暖簾分け」が基本となっている。しかし、清野が所属していた「ステッカー」を離れて「トップコート」に移籍した理由を周囲に聞く限り、佐藤らとは少し事情が異なるようだ。

 今回の清野の移籍の引き金になったと言われているのは、先月「週刊女性」が報じた園子温監督(60)による複数の性加害問題だと言われている。園監督が「女はみんな仕事が欲しいから俺に寄ってくる」「主演女優にはだいたい手を出した」と漏らしていたと報じられた。

 園監督は19日、自身の公式サイトで、「事実と異なる点が多々ある」として、発行元の主婦と生活社を提訴したこと発表しており、今後、真偽は法廷で明かされるわけだが、あの報道がきっかけとなって、過去に園監督の作品に主演した女優たちにあらぬ嫌疑がかけられることになった点は否めない。

清野菜名が「トップコート」電撃移籍の真相 新田真剣佑の“隠し子騒動”封じた大手事務所の影響力|芋澤貞雄「裏の裏まで徹底取材」
 清野菜名(27)が大手芸能プロダクション「トップコート」に電撃移籍したことが、関係者の間に波紋を広げている。昨今...
タイトルとURLをコピーしました