中村倫也、人と比べて悔しかった「オリジナルを目指す」いま

 直木賞作家・辻村深月がアニメ制作の舞台裏をつづった小説を映画化した『ハケンアニメ!』で、天才監督を演じた中村倫也。アニメ作品のハケン(覇権)争いをめぐる物語が展開するが、役者という表現の世界において、中村は「勝ち負けは意識しない」と告白。「若いころは、他人と比べて『悔しい』と思うこともあった」と明かしつつ、「クリエイティブな分野には、答えが無数にある。自分は自分でしかないし、オリジナルであることが大事だと思っています」と力を込める。飄々とした佇まいの裏にある葛藤や天才に関する持論など、中村が胸の内を語った。

中村倫也、人と比べて悔しかった「オリジナルを目指す」いま|シネマトゥデイ
直木賞作家・辻村深月がアニメ制作の舞台裏をつづった小説を映画化した『ハケンアニメ!』で、天才監督を演じた中村倫也。
タイトルとURLをコピーしました