池田エライザ、「ドロンジョ就任」で再クローズアップ!

 女優の池田エライザ(26)がタツノコプロ創立60周年記念『WOWOWオリジナルドラマ DORONJO/ドロンジョ』にて、主人公の泥川七音(どろかわ・なお)を演じることが発表された。泥川は、のちに名作『ヤッターマン』の“ドロンジョ”になるということで、放送前からすでに多くのファンが注目を集めている。

 5月18日に池田はインスタグラムを更新して、

《主人公で後のドロンジョである泥川七音を演じました。

 この作品を撮り終えた時、私はもう空っぽでした。心も魂も、全部。もう動けない。このままここで眠りたい。そう思うほどハードでとてもおもしろかったのです。

 その理由は今後の情報をお待ちください😈

 公式インスタグラムで最新情報ややチェックできます🐣》

 とつづったほか、ドロンジョのキャラクタービジュアルを紹介している。

「我々の知るキュートでセクシーで、どこか憎めないおちゃめな“ドロンジョ様”とは似ても似つきません。左足は機械式の義足だし、《自分の存在価値を唯一見出せるのが、肉体同士が激しくぶつかり合う真剣勝負の闘いの場》というキャラ設定どおり、地下格闘技の選手のような無骨なファッションです。これはこれで主人公らしくてカッコいいですが、最終回であの“ドロンジョ様ファッション”になるんでしょうね」(アニメ専門誌記者)

 原作のドロンジョは金髪碧眼。大きなフード型の仮面を被っており、黒いレオタードとロングブーツが実にセクシーな美女で、ただでさえ際どいファッションなのに劇中ではボスのドクロベエによる「お仕置きだべぇ」などでポロリすることも多く、コンプラが厳しくなった08年版でも「今のテレビはここまでが限界なのよ!!」とメタ発言しつつもセクハラ被害に遭っていたのは有名な話。ちなみに意外と若く、まだ24歳である。

池田エライザ「ドロンジョ就任」で再クローズアップ!綾瀬はるか「アッコちゃん」、長澤まさみ「飛び込み競泳水着」、深田恭子「元祖」…女優たちの伝説の「アニメキャラ」 | 日刊大衆
女優の池田エライザ(26)がタツノコプロ創立60周年記念『WOWOWオリジナルドラマ DORONJO/ドロンジョ』にて、主人公の泥川七音(どろかわ・なお)を演じることが発表された。泥川は、のちに名作…
タイトルとURLをコピーしました