吉高由里子も、園子温監督の性加害疑惑に言及した

 芸能界で性加害報道があとを絶たない。映画監督兼俳優の榊英雄氏(51)を皮切りに、俳優の木下ほうか(58)、さらに7日発売の「週刊文春」では映画プロデューサーの梅川治男氏(61)の名前が取り沙汰された。

 もっか大きく扱われているのは、映画「愛のむきだし」や「冷たい熱帯魚」で知られる園子温監督(60)。トップ女優の吉高由里子(33)までもが、この件について言及した。

 吉高は6日にツイッターで「はぁ…なんかそんな件で名前を聞きたくなかった方々が…よくない。優越ある地位を利用して夢に向かう姿を欺くなんて。本当に残念」と投稿。続けて「被害者の方は名前を見るだけで深く長く強く苦しむんだから 悲しいや そんな世界だと思われてしまう 真摯に熱意をもって作ってる方達に失礼です」と怒りをにじませた。
 
 名前こそ出していないが、吉高は、園監督の2006年の映画「紀子の食卓」で芸能界デビュー。投稿のタイミングからして、園監督のことを指すものと思われる。

 園監督の女性に対する奔放ぶりは、様ざまなメディアで報じられているが、当人は一連の騒動を謝罪しつつ、口火を切った「週刊女性」の記事に反論し、法的措置も辞さない構えを見せている。

 他方で、園監督ひとりが悪者かと言えば、そうではない。同監督に女性をアテンドしたり、暗黙の了解とばかりに、いかがわしい場面をスルーしてきた〝取り巻き〟にも問題がある。

 中でもひどいのは、園監督の威光をバックに〝ごっちゃん〟してきた連中だ。映画関係者の証言。

吉高由里子も言及した園子温監督の性加害疑惑 〝ごっちゃん〟した共犯者も同罪 – 東京スポーツ新聞社
 芸能界で性加害報道があとを絶たない。映画監督兼俳優の榊英雄氏(51)を皮切りに、俳優の木下ほうか(58)、さらに7日発売の「週刊文春」では映画プロデューサーの梅川治男氏(61)の名前が取り沙汰された...
タイトルとURLをコピーしました