生田絵梨花、齋藤飛鳥も称賛する「すごさ」を再検証

 昨年末の「NHK紅白歌合戦」をもって乃木坂46を卒業した生田絵梨花(25)。そのリハーサルの際、取材に応じたメンバーの齋藤飛鳥(23)はこんな印象的なコメントを残している。「うちの生田はすごいんだぞ」。

 実際、その通りである。グループを離れて1カ月が過ぎた今、そのすごさを改めて検証し、今後の彼女がどんな活躍をするか考えてみたい。

 まずはすごすぎるエリート経歴から。1997年1月22日生まれだが、その出生地はドイツのデュッセルドルフ。父親の仕事の関係で5歳のときに帰国し、以後は東京で育ったバリバリの帰国子女だ。ただしドイツで過ごしたのが幼稚園のときだったので、ドイツ語は忘れてしまったそう。小・中学生のときはクラシックバレエや書道、英会話など週6の習い事で多忙だったと語っている。その甲斐あって、書道検定準7段、実用数学技能検定3級、日本漢字能力検定準2級、実用英語技能検定2級といった資格を取得している。中学時代の期末試験はほぼ学年1位か2位の成績だったというから驚きだ。グループきっての“才媛”と称されていた。

 デビューから卒業するまでに発売されたシングル表題曲の全28曲中27曲で選抜入りしている点もすごいところだ。14年10月に発売された10thシングル「何度目の青空か?」では初めてのセンターも務めた。唯一選抜入りを逃した9thシングル「夏のFree&Easy」(14年7月リリース)も、大学進学の準備期間として一時休業していたため。学業を優先しなければ、同じ1期生の卒業生・高山一実(27)と並ぶ28作連続選抜入りという快挙を達成していたハズなのである。

「生田絵梨花」が乃木坂46を卒業して1カ月、齋藤飛鳥も称賛する「すごさ」を再検証 | デイリー新潮
昨年末の「NHK紅白歌合戦」をもって乃木坂46を卒業した生田絵梨花(25)。…
タイトルとURLをコピーしました