吉高由里子と柄本佑がクランクイン!NHK大河ドラマ「光る君へ」の意気込みを語る

2024年に放送予定のNHK大河ドラマ「光る君へ」は、平安中期の紫式部の人生を描いています。28日、吉高由里子(34)と柄本佑(36)が京都市の平安神宮でクランクインし、意気込みを語りました。

吉高由里子の衣装と意気込み
吉高由里子は、緋色の長袴と数枚重ねた袿の上に鳳凰の刺しゅうが入ったクリーム色の表衣をまとって登場しました。平安衣装は初めてで、吉高は「ひな人形みたいだねって言われます。その場から全然動けない状態です」とおどけながらも、「令和から平安にタイムリープした気持ち。普段見ないような光景や衣装、戦のない時代なのでいろんな色があればいいなって楽しみです」と目を輝かせました。

脚本家大石静氏の作品に期待
脚本は大石静氏が担当することが発表され、柄本佑は「大石先生の書かれる本がおもれーので、早くしゃべって自分にどんなことが起こるのか楽しみ」と大石氏の世界観に期待しています。吉高も「大石静ってブッ飛んでるなって思うくらい平安のイメージを切り開いてる。当時、大事にしてただろう日本の四季がある風情も大切にしてるし、キャッキャしてるおなごたちのイケメン捜しもある。いろんな表情がある本です」と絶賛しています。

紫式部と道長の”心の声”の表現に注目
ドラマの台本には、紫式部と道長だけが通じ合える”心の声”が表現されているということです。ドラマではナレーションで再現される形になりそうですが、吉高は「『絡み合う視線』とかって書いてて、『何? そのエッチな書き方?』って笑っちゃう。そういう大石さんの情熱的な本になっているので、楽しみにして欲しい。照れずに頑張らなきゃ。ウフフフ」と演技を楽しみにしていました。

NHK大河ドラマ「光る君へ」に向けて、吉高由里子と柄本佑がクランクインしました。吉高由里子は平安衣装に身を包み、柄本佑は脚本家大石静氏の世界観に期待しています。ドラマの台本には、紫式部と道長だけが通じ合える”心の声”が表現されているということです。放送が楽しみです。

吉高 由里子(よしたか ゆりこ、1988年7月22日 – )は、日本の女優。本名は非公開。東京都出身。アミューズ所属。 高校1年生の時に原宿で買い物をしていた時に芸能事務所のウィルコーポレーションにスカウトされ芸能界に入る。スカウトしてきたのが女性であったため、気を許して連絡先を教えたという。女優に…
56キロバイト (7,023 語) – 2023年5月28日 (日) 16:30

タイトルとURLをコピーしました