囲碁・将棋

エンターテインメント

藤井王将、8冠獲れるのはいつ?

 藤井聡太王将(19)=竜王、王位、叡王、棋聖含む5冠=が11日、島根県大田市の国民宿舎「さんべ荘」を訪れ、王将奪取の祝賀会に出席した。渡辺明名人(37)=棋王含む2冠=に4連勝した第71期ALSOK杯王将戦7番勝負第6局が予定されていた会場。地元ファン50人の歓待を受けて笑顔を見せた。  9日の名人戦順位戦の対局に勝利し来期A級昇級を決め、最速で来年4~6月に行われる名人戦で8冠独占の可能性が出てきた藤井。  この日同行した師匠の杉本昌隆八段(53)は8冠達成のメドを「3年以内」と予測した。  「正直(話題になるのも)早いと思いますが、期待は理解できます」。弟子に成り代わって熱気を受け止めつつ「今の内容、充実度からすればそう先ではない。もし達成するなら3年以内。5年以上かかれば確率は下がります」と語った。  タイトルを独占した棋士は過去に1人いる。羽生善治九段(51)が1996年、当時の全7冠独占を第46期王将戦7番勝負でかなえた。藤井は渡辺に王将戦、棋聖戦で計7勝0敗、豊島将之九段(31)には王位戦、叡王戦、竜王戦で計11勝3敗。4強の両者を圧倒した今年度に...
エンターテインメント

藤井竜王、師匠の杉本昌隆八段が祝福「ご褒美が悩ましい」とうれしい悲鳴

 藤井聡太竜王(19)=王位、叡王、棋聖含む4冠=の史上最年少5冠達成の快挙を受け12日までに、師匠の杉本昌隆八段(53)がスポニチ本紙の電話取材に応じ「3連勝の時点で必ず成し遂げてくれると思っていた。会う度にタイトルが増えていくので、ご褒美が悩ましい」とうれしい悲鳴をあげた。この日は愛知県内のホテルで中継をチェック。92手目△3六歩と桂頭に歩を打った辺りから新王将の誕生を確信したといい、「2日制の対局で抜群の安定感がある渡辺さんに4連勝。信じられません」と話した。  杉本と藤井にとって、2022年は節目だ。杉本一門恒例の新年会には未成年、もしくはプロになる前の弟子に杉本がお年玉を渡す慣例があり、19歳の藤井にとって今年が最後のお年玉だった。獲得タイトル分を加味し「金額は前年より増額です」と杉本は笑顔。「今までは頭を少し下げるだけだったのに、今回は深々とお辞儀。大人になったなぁとしみじみしました」と穏やかに振り返った。 (出典 autograph.ismedia.jp) (出典 dol.ismcdn.jp) (出典 autograph.ism...
タイトルとURLをコピーしました