舞台

エンターテインメント

広瀬すず出演、野田秀樹作・演出の『Q』が今秋ロンドン、台湾で上演

松たか子、上川隆也、広瀬すず、志尊淳らが出演し19年に初演された野田秀樹作・演出のNODA・MAP公演「『Q』:A Night At The Kabuki」が今秋、ロンドン、台湾で海外公演を行うことが11日、分かった。コロナ禍で苦しんだ演劇界にとっても明るいニュースだ。 ロックバンドQUEENのアルバム「オペラ座の夜」の楽曲を使い、「ロミオとジュリエット」を、平家と源氏の争いに置き換えた作品。初演時から英国公演の計画が動き始め、ギターのブライアン・メイも期待を寄せてくれていたという。 コロナ禍で英国公演をあきらめかけたという野田は「オンライン花盛りの時勢は今、劇場に逆流しています」と、生を持って行けることを喜んでいる。QUEENのお膝元である英国、シェークスピアの英国、留学や公演など英国にゆかりの深い野田は「逆凱旋(がいせん)公演」と位置づけている。 松は「今はまだ、ラッキーだな、という感じとしか言いようがないのですが、実際に海を渡るときに実感できるのかもしれません」と話し、上川は「危惧していても始まりません。何もかもを野田さんに委ね『逆凱旋(がいせん)』の一翼を担い...
エンターテインメント

吉岡里帆、「パルコ・プロデュース2022『スルメが丘は花の匂い』」で舞台初主演

 女優の吉岡里帆(29)が、7、8月に上演される「パルコ・プロデュース2022『スルメが丘は花の匂い』」で舞台初主演することが11日、分かった。  2013年のキングオブコント王者で、劇作家・演出家としても活躍するお笑いコンビ「かもめんたる」の岩崎う大(43)が書き下ろしたオリジナル戯曲。童話の登場人物が生まれる不思議な世界に迷い込んでしまった会社員・縁緑(えにし・みどり=吉岡)が、「スルメ姫」という物語の主人公・クロエ(鞘師里保)と出会い、物語を混乱させていくファンタジーコメディーだ。  このほど解禁されたビジュアルは、緑の暮らす世界が空前のソフトボールブームになっており、緑自身も休日にソフトをやっているというキャラクター設定に沿った摩訶(まか)不思議なイメージ画像。吉岡は「舞台初主演を務めさせていただくので、ワクワクしています。主人公・緑の奇妙な体験談を、一緒に肌で感じて楽しんでいただけるように表現できたら」と語る。  吉岡と岩崎はかつてドラマで共演経験があるが、吉岡は「独特な空気が漂っていて面白い方だなと直感的に感じました。岩崎さんの世界観を体現できるように、一...
エンターテインメント

上白石萌音&橋本環奈、『千と千尋の神隠し』東京公演千秋楽で満員の観客から喝采

女優、上白石萌音(24)と橋本環奈(23)がダブルキャストで主演を務めた舞台「千と千尋の神隠し」が29日、東京・丸の内の帝国劇場で東京公演の千秋楽を迎えた。 2日の初日以来、総勢32人のキャストが1人も欠けることなく〝完走〟。この日、千尋を演じた萌音はカーテンコールで「反省したり、駄目だったなと思うことがたくさんあったけど、そういうときにすくい上げてくれるのも千尋でした」と自身の役に感謝すると、満員の観客から喝采を浴びた。 橋本もサプライズで駆け付け、萌音と「久しぶりだね!」と抱擁し、喜びを分かち合った。4月から始まる地方公演に向け、橋本は「健康面にも気を付けつつ、頑張って行けたら」と誓った。 また、7月3、4日に愛知・御園座で行われる大千秋楽公演の生配信が決定。萌音は「ちょっと成長しているかもしれないこの舞台を、生配信で応援していただけたら」と笑顔で呼びかけた。 (出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp) (出典 www.tokyo-sports.co.jp) ...
エンターテインメント

「東京ラブストーリー」が初舞台化!カンチは・・・

1991年にフジテレビ系月9枠でドラマ化され大ヒットした作家、柴門ふみさんの漫画「東京ラブストーリー」がミュージカル化されることが15日、分かった。11~12月に東京・東池袋の東京建物Brillia HALLで上演。主人公・カンチ役とヒロインのリカ役はダブルキャストで、それぞれ柿澤勇人(34)と濱田龍臣(21)、笹本玲奈(36)と唯月ふうか(25)に決定。世代の異なる2組が名作を歌とダンスに乗せて届ける。 恋愛漫画のバイブルが、舞台の上で新たなラブストーリーを紡ぐ。 ミュージカル「東京ラブストーリー」は1988年に発表された同名コミックが原作で、愛媛の会社から東京支社に転勤してきたカンチこと永尾完治と、同僚・赤名リカら男女4人の恋模様を描く。〝恋愛の神様〟と称される柴門さんの作品が舞台化されるのは初だ。 原作は91年に織田裕二(54)、鈴木保奈美(55)でドラマ化されると、月曜の夜に街から人が消えるほどの社会現象に。2020年には令和版がフジテレビオンデマンドで配信された。 保奈美が放送時に所属していたホリプロは近年、海外の大型作品を上演すると同時に「デスノート...
エンターテインメント

橋本環奈・上白石萌音、舞台「千と千尋の神隠し」開幕

宮崎駿監督のアニメ映画が原作の舞台「千と千尋の神隠し」の初日記者会見が3日、東京・帝国劇場で行われ、ダブルキャストで主人公・千尋を演じる橋本環奈、上白石萌音らが出席した。  会見前日に初日を迎えた橋本は、「初めての舞台なので、やり遂げることができて、よかった」とにっこり。稽古を通じて「千尋と同じ気持ちになれた」と手応えを見せ、「最後まで必死に千尋として生き、走り抜けたい。どんどん成長していけたら」と意気込んだ。  上白石は「千尋の運動量は半端ない。倒れ込みそうなところまで体を追い込む役」とコメント。「劇場に足を運んでくださる人の気持ちに応えられるように、丁寧に演じていきたい」と話した。  この舞台をスタジオジブリ・鈴木敏夫プロデューサーが鑑賞したそうで、会見では「お世辞なしに本当に面白かった」といった同氏の感想が披露された。これを聞いた橋本は「本当に安心しますね。認められたことが、すごくうれしくて」と素直に喜んだ。 (出典 www.jiji.com) (出典 www.cinemacafe.net) (出典 static.chuni...
エンターテインメント

奈緒・風間俊介、6月に舞台『恭しき娼婦』の上演が決定

2022年6月に舞台『恭しき娼婦』の上演が決定した。本作は、1946年に発表されたジャン=ポール・サルトルの傑作戯曲で、人間の深層心理を炙り出す意欲作。今回は、栗山民也が演出し、奈緒、風間俊介らが出演する。 20世紀を代表する哲学者ジャン=ポール・サルトルは、「実存主義」を牽引した哲学者として世界に大きな影響を与えただけでなく、小説や映画脚本の執筆にも取り組み、劇作家としても数々の戯曲を世に残した。 中でもこの『恭しき娼婦』は、非情な世界における人間の“権利”、“尊厳”、そして、“自由”といった、いつの世も人類が向き合う問題に正面から取り組み、最も完成度が高いと評されている。栗山は、かねてからこの戯曲を上演することを熱望していたという。 舞台はアメリカ南部。冤罪を被せられて逃走する黒人青年をかくまう娼婦リズィー。だが、その街の権力者の息子であるフレッドはリズィーに虚偽の証言をさせようと、その黒人青年と由緒ある家系の白人の男どちらを救うか選べと迫る。街全体で黒人が犯人と決めつける状況の中で、リズィーが下した決断は・・・。 奈緒が演じるのは、物語を大きく動かす重要な...
エンターテインメント

稲垣吾郎・花乃まりあ、主演ミュージカル「恋のすべて」開幕

稲垣吾郎が主演を務め、初日を延期していたミュージカル・コメディ『恋のすべて』が、13日に幕を開ける。開幕にあたり、本作品の舞台写真と、稲垣と鈴木聡(作・演出)のオフィシャルコメントが届いた。 本作品は、稲垣作品ではおなじみの鈴木が作・演出を手掛け、稲垣×鈴木のタッグは、今回で第7本目となる。音楽監督にあらたに青柳誠を迎え、「恋と音楽」シリーズから続くバンドメンバーとともに、最高におしゃれで楽しい大人のミュージカル・コメディをお届けする。 今回、稲垣が真剣な眼差しを向ける写真や、稲垣が花乃まりあの肩を引き寄せ密着する写真などが公開された。 稲垣は本作品について、「鈴木聡さんのお芝居は、僕にとってはお仕事とは思えないほど楽しくて、自分へのご褒美みたいな感じです」と語り、「お芝居をしている間は、甘くキラキラした夢の中にいるみたいな感じがします。そんな世界をみなさんにも劇場で楽しんでいただけたらと思います」とコメント。 (出典 jprime.ismcdn.jp) (出典 www.fashion-press.net) (出典 s.exim...
タイトルとURLをコピーしました