ドラマ

エンターテインメント

今田美桜ら「悪女」出演者とBBQオフショット

女優今田美桜(25)が主演を務める日本テレビ系ドラマ「悪女(わる)~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~」(水曜午後10時)のオフィシャルブログで、今田と出演者の劇団EXILE鈴木伸之(29)北乃きい(31)野間口徹(48)ら4人による楽しそうなBBQオフショットが31日、公開された。 ブログは「なんだかんだ優しい小野忠」と題して更新され、「社長ジュニア・伝弥さんの誕生日BBQパーティーオフショット」「小野忠、1人クールにBBQの味付け中」と、鈴木演じるエリート社員・小野のことをイジリつつ、コショウを手にする鈴木らBBQを楽しむ4人のショットが披露された。 (出典 www.super-sentai-official.com) (出典 www.crank-in.net) (出典 i.daily.jp) (出典 dorama9.com) (出典 pbs.twimg.com) (出典 realsound.jp) (出典 www.nikkansports.com) (出典 www.thef...
エンターテインメント

木村拓哉の連ドラ〝1話カット〟報道 テレビ朝日が完全否定

 木村拓哉(49)のテレビ朝日系ドラマ「未来への10カウント」(毎週木曜夜9時)が思わぬ騒動に巻き込まれた。視聴率不振のため当初予定されていた全10話を繰り上げ、9話を最終回にするという記事が一部ニュースサイトに出たのだ(削除済み)。これをテレ朝は全面否定。一体何があったのか――。 「未来への――」は木村にとって、「BG~身辺警護人~第2章」(テレ朝系、2020年)以来、約2年ぶりとなる連ドラだ。それが放送短縮なら衝撃ニュースだったが、テレ朝宣伝部は「当該記事は間違っております。当初より全9話の予定で変更ありません」と完全に否定した。  確かに〝平成の視聴率男〟と呼ばれる木村主演ドラマにしては、苦戦していると言っていいだろう。第3話(4月28日)、第4話(5月5日)と続けて世帯平均視聴率でひとケタとなってしまった。これは木村主演の連ドラ史上、初めての出来事だ。  それでも低視聴率というのには無理がある。「キムタクドラマと考えれば少々、物足りないかもしれませんが、4月クールはどこも苦戦を強いられている。今クールでトップなのは二宮和也主演の『マイファミリー』で平均12%ち...
エンターテインメント

『ちむどんどん』上白石萌歌、川口春奈の入浴シーン炎上

 NHK朝の連続テレビ小説『ちむどんどん』で、登場人物たちの入浴シーンが物議を呼んでいる。5月17日の放送回で、三女・歌子(上白石萌歌)が入浴中、風呂に薪をくべる長女・良子(川口春奈)と会話を交わすシーンが放送されると、「高校生役の歌子の入浴シーンを放送するとはいかがなものか」とSNSを中心に批判が殺到。『SmartFLASH』はこれを受けて、〈『ちむどんどん』上白石萌歌の“高校生入浴シーン”に疑問の声「誰も止めなかったの?」「もう令和だよ」〉との記事を掲載した。続く5月20日放送回で新たに良子(川口)の入浴シーンが放送されると、「またかよ」とまたしてもSNSが沸騰し、「入浴シーン」という言葉が一躍、トレンド入りする事態となった。  相次ぐ炎上について、芸能ライターの島本拓氏はこう疑問を呈す。 「三女の歌子(上白石)の入浴シーンについて、『高校生役の設定の歌子の肌を露出させるシーンは必要なのか』とSNSで反発する声があがりました。確かに朝ドラとしては少し攻めすぎという声も理解できますが、野外の風呂に薪をくべて入るという当時の時代設定としての演出もあるでしょうし、肩を少し露出...
エンターテインメント

北乃きい、初の役柄で“ハニートラップ”仕掛ける 『悪女(わる)』第7話

 俳優の今田美桜が主演する、日本テレビ系連続ドラマ『悪女(わる)~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~』(毎週水曜 後10:00)の第7話より、俳優の北乃きいが出演することが決まった。 北乃が演じるのは、広報部に勤める根津緑(ねづ・みどり)役。根津は、社長ジュニアである神山伝弥(野間口徹)が主催するオウミの未来プロジェクトに広報部から参加するメンバーの1人だが、その正体は社長ジュニアにハニートラップを仕掛けようと企む「スパイ」。超絶イケメンと結婚して、できれば早く会社を辞めて専業主婦になりたいと考えている。彼女は、どんなハニートラップを仕掛けるのか。  ドラマは、1997年まで『BE・LOVE』(講談社)で連載されていた深見じゅん氏原作の大人気コミックが、30年の時を経て、再びドラマ化。やる気と根性は人一倍、けれどマイペースすぎて組織からはみ出しがちな田中麻理鈴(今田)が、会社の最下層から駆け上がっていく出世エンターテインメント。  北乃は「今回演じさせて頂いた根津緑は、ハニートラップをかけるという今までにない役柄でした。こう言う役柄は初めてでしたので、新たなチャレ...
エンターテインメント

新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後はどうなる?

 放送中のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』は、序盤の和やかなホームドラマから一転、物語は身内で謀略が行き交う緊張の中盤にさしかかる。史実では今後、主要キャストにさらなる重大事件が待ち受ける。そしてこれからは女性同士のドロドロも見所になる。激動の歴史を脚本の三谷幸喜氏はどう描くのか。 義時が覚醒する「父との決別」  源頼朝(大泉洋)をはじめ周囲に振り回され、右往左往している北条義時(小栗旬)だが、三谷氏が「ひとつのクライマックス」と明かしている主人公の“覚醒”の時は近そうだ。時代劇研究家のペリー荻野氏が語る。 「すでにダークヒーローとなる兆候は現われています。上総広常(佐藤浩市)の最期が描かれた第15話(4月17日放送)でそれを感じました」  第15話では、頼朝と木曽義仲(青木祟高)の争いに反対する坂東武者たちがクーデターを画策。義時の頼みを受け見事な立ち回りで反乱を阻止したのが広常だった。  しかし頼朝は功労者である広常を、謀叛の張本人として梶原景時(中村獅童)に成敗させる。 「見せしめとして広常を殺す話が出た時、義時は納得できない様子でしたが、結...
エンターテインメント

小芝風花“澪”、祈りが通じる瞬間に感動の声多数

小芝風花主演「妖怪シェアハウス-帰ってきたん怪-」の第5話が5月7日放送。菅原道真公の言葉に「良い言葉なんだよな…」「沁みる……」などの声殺到、“祈り”の力で澪の呪いが解けるシーンにも「祈りの力は偉大」など感動の声が集まっている。 主人公の目黒澪に小芝さん。ぬらりひょん=沼田飛世に大倉孝二、お岩さん=四谷伊和に松本まりか、酒呑童子=酒井涼に毎熊克哉、座敷童子=和良部詩子に池谷のぶえ。今シーズンから引っ越したシェアハウスがある閻魔寺の住職・生臭和尚=佐藤周に池田成志。その息子・佐藤満に豊田裕大といった俳優陣が出演する本作。 ※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。 前回、澪が書いたAIに関する記事が大作家・大河内(木村靖司)の怒りをかい、編集長の上竜樹(安井順平)は澪と小豆沢にクビを言い渡す。小豆沢が金ぴかマントの謎の妖怪と化し、銭つぶて攻撃で澪に襲いかかる。間一髪のところでのんべとぬらりが助けに入る。小豆沢の正体は小豆を数えるのが得意な妖怪・小豆洗いだったが、闇落ちして銭洗いとなってしまっていた。 小豆洗いが自分と同じく上の呪いにかかっているのではと...
エンターテインメント

『探偵が早すぎる』、堀未央奈出演で恋の四角関係勃発か?

読売テレビ・日本テレビ系にて、毎週木曜よる11時59分から絶賛放送中、滝藤賢一&広瀬アリスW主演『探偵が早すぎる~春のトリック返し祭り~』。 ほんの些細な違和感やミスを察知し未然に殺人計画を防いでしまう、“早すぎる探偵”こと千曲川光(滝藤賢一)。千曲川の活躍によりSeason1で父の遺産5兆円を相続した十川一華(広瀬アリス)だったが、Season2となる本作『探偵が早すぎる~春のトリック返し祭り~』では別の財閥の遺産2000億円も相続することになり、その一族の人間からまたも命を狙われることに…。滝藤・広瀬・水野のテンポのいい掛け合いに、今作からレギュラーキャストとなった個性的なメンバーたちが加わり、前作よりもパワーアップしてお届けしている。 4話の放送も終わり、一華の命を狙い続ける殺害計画も、早すぎる探偵千曲川により、すべて失敗に。そんな中、一華をめぐる恋の戦いも盛りあがりを見せている。 (出典 pbs.twimg.com) (出典 tsuru.top) (出典 portal.st-img.jp) (出典 pbs.twi...
エンターテインメント

「マイファミリー」、新たな誘拐事件発生で視聴者の反応は・・・

二宮和也が主演する日曜劇場「マイファミリー」(TBS系)の第4話が、1日に放送された。  本作は、ゲーム会社の社長・鳴沢温人(二宮)の小学生の娘が誘拐されたことから始まる、ノンストップファミリーエンターテインメント。誘拐事件で試される“家族の絆”や彼らを中心とした人間模様を描く。(※以下、ネタバレあり)  「ハルカナ・オンライン・ゲームズ」のCEOの温人と妻の未知留(多部未華子)は、誘拐された娘の友果(大島美優)を無事に救出することに成功。友果の心には深い傷が残ったが、温人と未知留は友果に寄り添い、何とか乗り越えようとしていた。  誘拐事件から1年がたとうとする頃、事件の真相を書いたという暴露本が出版される。そこには、温人たち家族と、事件解決に協力してくれた大学時代の友人で元警察官の東堂(濱田岳)と、弁護士の三輪(賀来賢人)しか知らない事実が書かれていた。  そんな中、温人に1本の電話が掛かってくる。その相手は友果を誘拐した犯人と同じ“機械音声”で、「新たな誘拐をしました」と温人に告げる。  その声は、被害者は三輪の娘だと明かし、交渉役に温人を指名。三輪は...
エンターテインメント

満島ひかり“葵”、木村拓哉“祥吾”と「何かあります感満載」の声

木村拓哉主演「未来への10カウント」第3話が4月28日オンエア。ラスト間際、満島ひかり演じる葵と祥吾との“距離感”に「距離近ッ」「何かあります感満載」などの反応多数。またゲスト出演した袴田吉彦演じる今宮の“足元”に注目した投稿も上がっている。 高校時代ボクシングで4冠を達成するも大学時代にボクシングを断念。さらに妻を病気で亡くしピザの配達アルバイトで食いつないでいたところを、母校・松葉台高校でボクシング部のコーチをすることになった桐沢祥吾を木村さんが演じる本作。 また古文教諭でボクシング部顧問でもある折原葵に満島ひかり。祥吾の高校時代からの親友で今はジムを経営している甲斐誠一郎に安田顕。松葉台高校3年生でボクシング部部長の伊庭海斗に高橋海人(King & Prince)。ボクシング部の女子部員・水野あかりに山田杏奈。2年生の部員・玉乃井竜也に坂東龍汰。友部陸に佐久本宝。ボクシング部マネージャーの西山愛に吉柳咲良。高校時代の祥吾を知る松葉台高校校長・大場麻琴に内田有紀といったキャストも出演。 (出典 www.billboard-japan.com) ...
エンターテインメント

桜井日奈子&筧美和子ら“マドンナ”に「しろめし修行僧」ゲストキャスト発表

お笑いトリオ・ハナコの岡部大が主演を務めるテレビ東京系ドラマ24「しろめし修行僧」(毎週金曜深夜0時12分~)に出演する女優の桜井日奈子、筧美和子らゲストキャストが解禁された。 岡部大主演「しろめし修行僧」 本作は、人気芸人トリオ・ハナコの岡部演じる主人公の米田たくあんが、托鉢の全国行脚修行を通して、各地の“ご飯のお供”と出会う様子を描き、「しろめしに合う最高のおかずとは何か」という究極の問いに迫るグルメドラマ。修行で訪れる先々で出会うマドンナとの淡い恋模様や、幼馴染とのかたい友情物語もみどころとなっている。 初回放送後、SNSには「岡部さんの食べる姿がいい!」「しろめし似合いすぎだし美味しそう」といった声が多くみられ、金曜深夜に視聴者の食欲をそそった。また、たくあんの幼馴染・ぶりあんを演じる犬飼貴丈について「ぶりあんが可愛すぎて…前回のドラマとのギャップがすごい…」との声も多く、前クールでヤクザ役を演じた犬飼が今作で演じる心優しい僧侶役も話題となった。 (出典 img.cinematoday.jp) (出典 pbs.twimg.com) ...
エンターテインメント

今田美桜、“麻理鈴”に「気分が明るくなる」の声

今田美桜、江口のりこ、鈴木伸之ら共演の「悪女(わる)」第2話が4月20日オンエア。今田さん演じる麻理鈴のポジティブさに「気分が明るくなる」などの反応が上がるとともに、江口のりこ演じる峰岸と石田ひかり演じる夏目の共演にも多くの反応が集まっている。 やる気と根性は人一倍、だけどマイペースすぎるため組織の枠からはみ出しがちな主人公の出世エンターテインメントとなる本作。今田さんが三流大学を四流の成績で卒業、運よく大手企業に入社するも配属先は窓際部署…という大食い&酒豪、お調子者な田中麻理鈴(まりりん)を今田さんが演じる。 また窓際部署にいながら会社の上層部とも繋がりを持ち、麻理鈴に出世を勧める峰岸雪に江口のりこ。麻理鈴のことを見下し男尊女卑的な価値観を持っているエリート社員の小野忠に鈴木伸之。会社で清掃のバイトをする大学生で麻理鈴のピンチを助ける山瀬修に高橋文哉。どん底だった麻理鈴がスカイダイビングで出会い一目惚れ、“運命の人”だと捜すT・Oさんに向井理。 (出典 www.cinemacafe.net) (出典 img.topics.smt.news.go...
エンターテインメント

「ちむどんどん」暢子が家族のために大きな決断

NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」(月~土曜午前8時)の第9話が21日に放送された。 ※以下ネタばれを含みます。 あらすじは、運動会が終わり、比嘉家の家族は史彦(戸次重幸)や和彦(田中奏生)たちと気持ちよく暮らしを再開したが、仕事が少ない地域事情もあり、母・優子(仲間由紀恵)ひとりだけでは一家の経済は先細い。暢子(稲垣来泉)たちが心配するなか、優子の体は疲労がたまってしまう。そこに、東京の遠い親戚から一通の手紙が。その中身は、きょうだいのうち1人なら引き取ってもいいというものだった。優子は大きな悩みを抱える。そんな中、暢子が「うちが東京に行く」と言う。 家族と離ればなれになってしまい、本当は行きたくないが、目に涙をためて家族のために「東京に行きたい」。複雑な表情を見せる暢子役の稲垣来泉の演技に絶賛の声が上がった。 「暢子役の稲垣来泉さん、どうしてあんな表情ができるの!?演技が凄すぎる!!」「最後の暢子ちゃんの表情天才かよ」「来泉ちゃんやっぱ上手いなー」「ラストの暢子の表情は素晴らしい」「最後の暢子が苦しそうで泣きそうになっちゃった」「泣きながら微笑む。凄い、素...
エンターテインメント

上野樹里主演ドラマ“じぞ恋”のヨガ監修者・密山礼巳さんが語る見どころ

 上野樹里演じるヨガインストラクター・沢田杏花(きょうか)が、父とともにダブル婚活にチャレンジするドラマ『持続可能な恋ですか?~父と娘の結婚行進曲~』(TBS系)がスタート。ドラマのヨガ監修を担当しているヨガインストラクター・密山礼巳さんに、このドラマ“じぞ恋”の見どころを聞いた。 ラクに生きるためのヒントがドラマにある  主人公、杏花の職業を始め、ドラマの重要なファクターとなっているヨガ。癒しを求める現代人に向けた、どんなメッセージが込められているのだろうか。 「ヨガというと、ポーズをとるエクササイズのように思っている方が多いのですが、ヨガには哲学があるんです。といっても難しくはなく、今よりちょっとラクに生きるためのヒントのようなものです。それらがヨガインストラクターである杏花の言葉として語られたり、杏花を取り巻く出来事に表れたり、ドラマにも活かされています。  例えば、第1話はヨガの教え、「アヒムサ」がドラマのストーリーに組み込まれていました。「アヒムサ」は非暴力という意味。人を傷つけないのは当たり前ですが、環境も、そして自分自身も傷つけないようにしようとい...
エンターテインメント

今田美桜、主演ドラマが明日の夜10時から待望の第2話

30年の時を経て、再びドラマ化される新水曜ドラマ『悪女(わる)~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~』。今田美桜が今回初めてドラマ主演を務め、江口のりこ、鈴木伸之、高橋文哉、向井理など豪華俳優陣が集まった。いよいよ明日の夜10時から待望の第2話が始まる。 このドラマでは、主人公・田中麻理鈴(まりりん)が、毎話部署を転々とする中、出会う社員の問題を解決していくのだが、30年前に「初代マリリン」を演じた石田ひかりが、人事部の夏目課長として特別出演。また阿佐ヶ谷姉妹の姉、渡辺江里子は、カスタマーサポート部に勤務する三瓶(さんぺい)花子役で出演する。渡辺江里子は、高校時代から原作漫画『悪女(わる)』の大ファン。ドラマ化が決まった時は飛び上がって喜んだほど。自分自身も「悪女(わる)は原点」と語る石田ひかりと、「悪女(わる)」をこよなく愛する阿佐ヶ谷姉妹、姉の渡辺江里子に話を聞いた。 (出典 imadamio.com) (出典 www.colorcon-plus.jp) (出典 i.ytimg.com) (出典 news.mynavi.jp...
エンターテインメント

鎌倉殿の13人、上総介の“つらすぎる死”と“手習い”シーンが涙を誘う

 俳優の小栗旬さんが主演を務めるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(総合、日曜午後8時ほか)第15回「足固めの儀式」が4月17日に放送され、佐藤浩市さん演じる上総広常の“最期”が描かれた。御家人たちによる謀反のスケープゴートとされ、源頼朝(大泉洋さん)の命を受けた梶原景時(中村獅童さん)に命を奪われた上総介。SNS上では「上総介の最期、つらすぎた」「ひどすぎる」「涙が止まらない」などと悲しみが広がったほか、「こんなにも魅力たっぷりに描いてきたキャラを無慈悲に殺してくる鬼脚本」という意見もあった。  「鎌倉殿の13人」は61作目の大河ドラマ。脚本は、2004年の「新選組!」、2016年の「真田丸」に続き3度目の大河ドラマ執筆となる三谷幸喜さんで、後の鎌倉幕府の二代執権・北条義時(小栗さん)が主人公。野心とは無縁だった若者が、いかにして武家の頂点に上り詰めたのかを描く、予測不能のエンターテインメント作だ。  第15回では、源義経(菅田将暉さん)率いる一軍が迫っていると知った木曽義仲(青木崇高さん)は、後白河法皇(西田敏行さん)を捕らえて京に籠もる。一方、鎌倉では御家人たちが謀反...
エンターテインメント

「恋なんて、本気でやってどうするの?」スピンオフ“#裏マジ”も配信開始!

“恋愛は究極の無駄づかい”が信条の恋愛不要女子・広瀬アリスが、刹那恋愛主義イケメン・松村北斗(SixTONES)に出会い…!?2022年4月18日(月)夜10時から放送の「恋なんて、本気でやってどうするの?」(#恋マジ)第1話のあらすじとメインキャストの役柄を紹介、「チェインストーリー 恋マジのウラ撮っちゃって、どうするの?」が本編終了直後から「GYAO!」にて配信開始! 予告動画は番組公式サイトで公開されている。 「恋なんて、本気でやってどうするの?」(#恋マジ)は、6人の男女がそれぞれの恋愛観に基づいて織りなす群像ラブストーリー。 27歳恋愛不要女子・桜沢純(広瀬アリス)VS. 刹那恋愛主義男子・長峰柊磨(松村北斗)、安定志向早婚レス妻・清宮響子(西野七瀬)VS. 訳ありミステリアスシェフ・岩橋要(藤木直人)、愛され中毒パパ活女子・真山アリサ(飯豊まりえ)VS. 不思議系陰キャ男子・岡山克巳(岡山天音)といった3組のカップルたちによって、恋愛はもちろん、友情、お仕事、不倫、家族などなど、さまざまなテーマが描かれる。 今作の初回放送を前に、“ドラマの裏側を視聴者にの...
エンターテインメント

「ちむどんどん」、黒島結菜のおいしそうな姿が「一番の演出」

 女優の黒島結菜(25)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」(月~土曜前8・00)は「食」がテーマになっている。沖縄やんばる地域で育った主人公が料理に目覚め、東京で料理人を目指す物語。第1週からシークワーサー、沖縄そば、ラフテーなどご当地の食事が多数登場する。  料理の監修を務めるのが、2010年後期の朝ドラ「てっぱん」にも関わった料理ユニット「オカズデザイン」。制作統括の小林大児氏は「沖縄料理と、やがてヒロインが学ぶイタリア料理の2つを中心に全体をコーディネートしてもらった」と説明する。黒島自身も料理をプロから学んでいるといい、小林氏は「練習で作ったものを食べさせてもらいましたが、おいしかった」と顔をほころばせた。 (出典 storage.mantan-web.jp) (出典 i.ytimg.com) (出典 s.eximg.jp) (出典 hochi.news) (出典 www.j-cast.com) (出典 assets.st-note.com) (出典 tomoya-b...
エンターテインメント

北村匠海主演ドラマ『名探偵ステイホームズ』、Huluで配信決定

4月3日(日)と10日(日)の2週連続にわたって日本テレビ系で放送し大きな注目を集めたスペシャルドラマ『名探偵ステイホームズ』。Huluでは今作の見逃し配信に加え、地上波では放送できなかったシーンをふんだんに加えたディレクターズカット完全版の配信が決定。本編と同じく前編・後編に分けて独占配信される。 『名探偵ステイホームズ』は、実家の子ども部屋で生活をする“子ども部屋おじさん”が人並み外れた検索能力を駆使する“在宅探偵”となって、部屋から一歩も出ないままでさまざまな事件を解決に導いていくサスペンスコメディ。 主人公のアタル役を演じたのは、これまでに数多くの映画やドラマで変幻自在に役を演じ分けてきた若手俳優世代のトップランナー・北村匠海。北村にとっては、意外にも今作が記念すべき地上波ドラマ初主演作となった。 脚本と演出を担当したのは、2020年に放送されたドラマ『ダブルブッキング』を手掛けた森ハヤシと水野格。同作は緊急事態宣言下で制作&放送されたもので、全ての物語がリモートの中だけで進んでいく新タイプのドラマとして話題に。コメディと見せかけてジワジワとサスペンスへと変ぼ...
エンターテインメント

北乃きい主演「OL×おじさん×イケメン」、Blu-ray発売決定

TOKYO MXの北乃きい主演ドラマ『おじさんが私の恋を応援しています(脳内)』が、本日4月4日(月)に最終回を迎え、早速“おじ恋ロス”を感じている人に嬉しいお知らせ。『おじさんが私の恋を応援しています(脳内)』のBlu-rayを、2022年6月29日(水)に発売することが決定した。4月4日(月)22:30から、TOKYO MXモール、Amazon、楽天ブックスほか通販サイトで予約開始する 2022年2月~放送された全8話のほか、テレビ未放送の特典映像として、メインキャストの北乃きい×アキラ100%×笹森裕貴のスペシャル座談会をたっぷりと収録した。座談会では、共演者達のお互いの印象や撮影で大変だったこと、そして“北乃きい○○事件!?”など、ドラマでは見られない㊙トークを盛りだくさんでお届けする。また、キャストによるオープニング・エンディング主題歌の紹介、ドラマオリジナルのPR映像集など、豪華映像特典も見られる。 さらに、購入特典として初公開の写真などがみられる「おじ恋特製リーフレット」も付属。このほか、TOKYO MXモールほか各販売チャンネルでは限定特典も。...
エンターテインメント

山田涼介主演、ドラマ『俺の可愛いはもうすぐ消費期限!?』の映像初公開

アイドルグループ・Hey! Say! JUMPの山田涼介が主演を務めるテレビ朝日系ドラマ『俺の可愛いはもうすぐ消費期限!?』(16日スタート、毎週土曜23:30~)の本編映像がテレビ朝日公式YouTubeチャンネルで初公開された。 同作は、山田演じる「可愛い」を武器に生きてきたあざかわ男子の丸谷康介と、芳根京子演じる26年恋愛経験ゼロのロボット女・真田和泉という不器用なオトナ2人の、遅すぎる初恋を描くラブコメディ。今回の映像とあわせて、Hey! Say! JUMPが歌う主題歌「恋をするんだ」も初公開された。 「きりがないくらい 初めての恋してる 君の隣が似合う僕になれたら」といった歌詞がドラマの世界観にぴったりな同曲は、5月25日発売のトリプルA面シングル「area / 恋をするんだ / 春玄鳥」に収録される。山田は「このドラマは不器用な2人のラブストーリーなので、そういう誰もがもっている“不器用さ”を表現したいと思って、僕も意見を言わせていただいたんです」と明かし、「不器用な恋模様を、明るく穏やかな気持ちで聴くことができるメロディーにのせて作っていただいた本当にいい曲! ...
エンターテインメント

本仮屋ユイカ×平岡祐太「片恋グルメ日記2」決定

 女優の本仮屋ユイカ(34)がTOKYO MXのドラマ「片恋グルメ日記2」(5月23日スタート、月曜後10・00)に主演する。  出版社を舞台に描くラブコメディー。本仮屋が演じる主人公は、思いを寄せる男性社員に近づくため、男性が食べた物と同じ物を食べる“食事ストーキング”をする異色の妄想女子。2020年放送の第1弾で男性と結ばれたがその後の恋の行方を描く。食べっぷりも見どころの作品で、本仮屋は「(撮影に)全身全霊を尽くしました」とPRした。男性社員は平岡祐太(37)が演じる。テレビのほか、同局の無料配信サービス「エムキャス」などでも視聴可能だ。 (出典 p.potaufeu.asahi.com) (出典 news.mynavi.jp) (出典 static.tokyo-np.co.jp) (出典 grapee.jp) (出典 parismag.jp) (出典 static.chunichi.co.jp) (出典 a-genzai.com) (出典 www.allnightnippo...
エンターテインメント

川栄李奈主演、NHK『カムカムエヴリバディ』最終回まで残りわずか

 上白石萌音(24)、深津絵里(49)、川栄李奈(27)と、3人のヒロインが移り変わってきたNHKの連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』。最終回まで残りわずかとなり、安子(上白石萌音)が再登場する可能性が高まってきた。  3月18日の放送回では、大月一家がひなた(深津絵里)の生まれ故郷である岡山を訪れていた。終戦の日にるいと錠一郎(オダギリジョー/46)が神社に行くと、軍服を着た父の稔(松村北斗/26)の幻があらわれ、「「どこの国とも自由に行き来できる。どこの国の音楽でも自由に聴ける。自由に演奏できる。るい、お前はそんな世界を生きとるよ」と優しく語りかけた。我に返ったるいは、錠一郎に「お母さんを捜しにアメリカに行きたい」と話して……という内容だった。  このるいのセリフに、『カムカム』ファンは騒然。この週はるいが知らなかった母親・安子の本当の姿が、周囲の人々の言葉によって明かされていく場面が多く、安子の再登場が期待されていた。これまで安子はアメリカにいるため簡単にはるいとは簡単に再会できないと考えられていたのだが、るいの「アメリカに行きたい」という言葉によって、再登場の可...
エンターテインメント

「鎌倉殿の13人」義円役・成河、ハリウッド級の特殊メークに感嘆!

 舞台を中心に活躍中の実力派俳優・成河(そんは、40)がNHK「鎌倉殿の13人」(日曜後8・00)で大河ドラマ初出演。中盤へ向かう物語のキーパーソン、源頼朝(大泉洋)の異母弟・義円(ぎえん)役に挑んだ。脚本・三谷幸喜氏(60)の作品も初参加。撮影の舞台裏や三谷脚本の魅力を聞いた。  <※以下、ネタバレ有>  俳優の小栗旬が主演を務める大河ドラマ61作目。タイトルの「鎌倉殿」とは、鎌倉幕府将軍のこと。主人公は鎌倉幕府2代執権・北条義時。鎌倉幕府初代将軍・源頼朝にすべてを学び、武士の世を盤石にした男。野心とは無縁だった若者は、いかにして武士の頂点に上り詰めたのか。新都・鎌倉を舞台に、頼朝の13人の家臣団が激しいパワーゲームを繰り広げる。三谷氏は2004年「新選組!」、16年「真田丸」に続く6年ぶり3作目の大河脚本。小栗は8作目にして大河初主演に挑む。  成河は大学時代に演劇を始め、北区つかこうへい劇団10期生。11年には第18回(10年度)読売演劇大賞・優秀男優賞(「BLUE/ORANGE」および「春琴」の演技により)を受賞。昨年21年も「イリュージョニスト」「子午線の祀...
エンターテインメント

「妻、小学生になる。」、“万理華”毎田暖乃の”能力”にびっくり

 俳優の堤真一さん主演の連続ドラマ「妻、小学生になる。」(TBS系、金曜午後10時)第9話が3月18日に放送され、万理華(毎田暖乃さん)の意外な“能力”に注目が集まった。  ◇以下、ネタバレがあります。  原作はマンガ誌「週刊漫画 TIMES」(芳文社)で連載中の村田椰融(やゆう)さんの同名マンガ。妻貴恵(石田ゆり子さん)を失い、生きる意味を失った主人公の新島圭介(堤さん)が、小学生の女の子・万理華に生まれ変わった貴恵と再会を果たし、生きることに再び向き合っていく姿を描くホームドラマだ。  第9話の終盤、万理華は魂を肉体から分離させて(幽体離脱?)家を飛び出す。向かった先は貴恵が天からの“お迎え”を待っていた公園。貴恵はやっぱり「家族にもう一度会いたい」という思いを万理華に伝える。「会いたいと思うことはわがままじゃない」という万理華は、貴恵の体に手をかざす……という展開だった。 (出典 news.mynavi.jp) (出典 cf.image-cdn.k-manga.jp) (出典 bookwalker.jp) (出典 e...
エンターテインメント

吉高由里子「最愛」、受賞ラッシュで5個目も

 昨年10月期に放送された吉高由里子主演のTBSドラマ「最愛」の公式ツイッターが18日、「TVerアワード2021 ドラマ部門・大賞」を受賞したことを伝えた。  ドラマは、15年前と現在に起こった事件を巡るミステリーを、スピード感ある物語進行で描き、ラストは張られた謎や伏線を丁寧に回収し、衝撃的な結末を迎えた。  放送後の今年に入ってから、1月に「ギャラクシー賞 2021年12月度月間賞」を受賞し「とんでもなく完成度の高いドラマ」と評された。  その後も「TVLIFE 第31回年間ドラマ大賞」で最優秀主演女優賞と新人賞を受賞。  「第110回ザテレビジョン ドラマアカデミー賞」では最優秀主演女優賞、最優秀作品賞、最優秀脚本賞、最優秀監督賞を獲得した。 (出典 news-img.dwango.jp) (出典 milky-holmes-ofc.com) (出典 joshi-spa.jp) (出典 myjitsu.jp) (出典 www.crank-in.net) (出典 www.news-po...
エンターテインメント

今田美桜が向井理と出会うシーンは必見『悪女(わる)』

深見じゅん原作の大人気コミックが、30年の時を経て再びドラマ化される新水曜ドラマ『悪女(わる)~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~』。 今朝、「悪女(わる)」の原作漫画が、ドラマの公式ツイッターに公開されたというニュースが飛び込んできた。なお、公式ツイッターでは第1話がそのまま掲載されており、第2話から第18話まで無料で読めるリンク先も掲載されているため、第18話まで一気に読めるようになっている。 まだ原作を読んだことない人や、しばらく遠ざかっている方などは必見だ。この原作は今から25年前の1997年に連載を終了しており、現在は書籍としての発売はされておらず、電子コミックのみの発売となっている。 連載終了から25年も経過しているにも関わらず、今だに若い世代からの支持が高いのには様々な理由があるという。男女雇用機会均等法もまだない時代に、主人公マリリンが様々な大企業の「当たり前」や「慣例」、「ルール」を爽快にぶち壊していく様子は、まさしく“アドベンチャー”であった。なおかつ、コネ入社の新入社員という最底辺からスタートしたヒロインが、大企業の中で徐々に成り上がっていく...
エンターテインメント

ドラマ「ファイトソング」、凛(藤原さくら)&慎吾(菊池風磨)の結末に反響

女優の清原果耶が主演を務めるTBS系火曜ドラマ「ファイトソング」(毎週火曜よる10時~)の最終話が15日、放送された。Sexy Zoneの菊池風磨演じる夏川慎吾と藤原さくら演じる萩原凛の結末に反響が寄せられている。<※ネタバレあり> 本作は清原演じる、空手の日本代表をめざすも夢破れ、人生どん底の主人公・木皿花枝(きさら・はなえ)が、持ち前のスポーツ根性で逆境だらけの運命に立ち向かっていくヒューマンラブコメディ。 花枝と慎吾の幼馴染である凛は、これまでずっと慎吾へ思いを寄せ続けていたものの中々その思いを素直に告げられずにいた。 凛(藤原さくら)、慎吾(菊池風磨)へついに告白 花枝へ真っすぐに思いをぶつける慎吾をいつも隣で見続け、自分の気持ちは中々打ち明けられていなかった凛。 最終回では、花枝とのことは吹っ切れ、芦田と花枝の関係性の応援に回っていた慎吾が「ひょっとして俺って天使なんじゃね?全然気付いて無かったからね」と芦田が慎吾の思いに気付いていないことを「鈍感」だと凛に話す。それを受けて凛が「世界一鈍感な男だわ!私が慎吾に恋してることにずっと気付いてなかったからだ...
エンターテインメント

ドラマ「ミステリと言う勿れ」、ライカの秘密が明らかに

 14日に放送された菅田将暉主演の月9ドラマ「ミステリと言う勿れ」(フジテレビ系、毎週月曜21時~21時54分)第10話で、主人公・整役の菅田と謎の美女ライカを演じる門脇麦の涙を誘う名演が話題になっている(※ネタバレあり。10話までの内容に触れています)。  本作は、カリスマ的な人気を誇る田村由美の人気漫画を原作に、菅田演じる天然パーマがトレードマークの大学生・久能整(くのう・ととのう)が淡々と自身の見解を述べ難事件や人の心の闇を解きほぐしていくミステリー。10話では、整が病院で知り合ったライカと初詣帰りに立ち寄った焼肉店での出来事、そして「春まで生きられない」ライカの哀しい秘密が描かれた。  前回・9話は、ライカが気を失ったあとに別人のように変貌する衝撃的な場面で終わっていたが、10話では整がライカと初詣へ。「これはデート? いやそんなんじゃないから!」と自問自答したり、おみくじで「凶」をひいてショックを受けたり、ライカから焼肉店に行こうと提案されて動揺したり。前半では整が慣れない経験に慌てふためく様子がユーモラスに映し出されるも、2人が焼肉店を訪れてからはムードが一変す...
エンターテインメント

井桁弘恵主演ドラマ「メンタル強め美女白川さん」、レギュラーキャスト解禁!!

テレビ東京では2022年4月6日(水)から、ドラマParavi「メンタル強め美女白川さん」(毎週水曜 深夜0時30分〜)を放送する。また、このドラマは動画配信サービス「Paravi」で 2022年3月30日(水)夜9時より独占先⾏配信が決定している。 Twitterで大反響を呼び書籍化され、多くの女性に支持されている話題作、獅子著の『メンタル強め美女 白川さん』(KADOKAWA刊)を井桁弘恵主演で連続ドラマ化! 仕事仲間や女友達のマウント、嫉妬や嫌がらせ、SNS での誹謗中傷など、女性を苦しめるプチストレスが溢れかえる現代社会を、他人の言葉に惑わされず、笑顔と自己肯定感たっぷりの返しで華麗にかわしていくのが最強美女・白川さん。周りの僻みや妬みにも負けない白川さんのマインドや言葉が、女性たちのコンプレックスと心の傷に優しく寄り添う!全女子の味方になるサプリメントドラマをお届けする! ◇◆白川さんを取り巻く豪華レギュラーキャストが決定◆◇ 主人公・白川桃乃を井桁弘恵が演じることは既報の通りですが…この度、白川さんの「ポジティブマインド」に影響され、人生がちょっとだけ変わる登場人物...
エンターテインメント

佐々木希の主演ドラマ、視聴率が危険水域”に突入

 佐々木希(34)の4年ぶり連ドラ主演作「ユーチューバーに娘はやらん!」(テレビ東京系)が“危険水域”に突入した。テレ東深夜枠(23時台)のドラマの合格ラインは4%前後といわれているが、「ユーチューバーに──」は初回に1%台後半の視聴率を記録した以降は右肩下がり。現在は1%を切るか切らないかの状態だ。  主演ドラマがスタートするまでは佐々木の再ブレークを予想する関係者が少なくなかった。昨年秋に出演した舞台「酔いどれ天使」は好評で、芸能プロダクション社長令嬢の役で出演したNHKの連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」もすこぶる評判が良かった。SNSでは〈佐々木希ちゃんが可愛過ぎて、深津絵里からオダギリジョーを奪っちゃうんじゃないかとドキドキしました〉といった声もたくさんあがっていた。 「『ユーチューバーに──』での佐々木さんの“ダメ男に翻弄される薄幸の女”のイメージは、このドラマの企画を担当する秋元康さんが現実の彼女を思い浮かべながら考えたと聞いています。スタッフの間では『これが成功すれば、いよいよ秋にはゴールデン帯での主演もあり得る』と囁かれていました」(芸能プロ関係者) ...
エンターテインメント

『妻、小学生になる。』第8話、切なすぎると話題に

 俳優の堤真一が主演を務めるドラマ『妻、小学生になる。』(TBS系/毎週金曜22時)の第8話が11日に放送され、ラストシーンの切なすぎる展開に、ネット上には大きな反響が巻き起こった(※以下、ネタバレを含みます。ご了承の上、お読みください)。 【写真】「涙が止まらない」切なすぎるラスト…『妻、小学生になる。』第8話を振り返り  大みそかの夜、圭介(堤)と麻衣(蒔田彩珠)、千嘉(吉田羊)の前で万理華(毎田暖乃)は突然倒れて貴恵(石田ゆり子)としての記憶を失くし、そのまま一時的に意識も失ってしまう。しかし朝になると、万理華は貴恵として目を覚ます。この出来事を聞いた友利(神木隆之介)は、生まれ変わりの小説「君と再び」を書いている出雲(當真あみ)なら何かわかるかもしれないと考える。  その後、圭介たちは出雲のサイン会に参加。出雲は圭介や万理華の話を聞き、自分が事故で亡くなった高校教師・吉原(水川かたまり・空気階段)であることを告白。そして出雲は自分が生まれ変わりではなく、吉原が出雲の体に“憑依”している状態であることを説明する。  貴恵は自分が万理華の体に憑依していることを...
エンターテインメント

ドラマ「探偵が早すぎる」、滝藤賢一&広瀬アリス&水野美紀が揃ってクランクイン!

4月14日(木)より放送がスタートする痛快コメディ・ミステリー「探偵が早すぎる~春のトリック返し祭り~」が、3月上旬、某所でついにクランクインし、前作から続投する滝藤賢一、広瀬アリス、水野美紀とメインキャストが揃って撮影が行われた。 ほんの些細な違和感やミスを察知し未然に殺人計画を防いでしまう、“早すぎる探偵”こと千曲川光(滝藤さん)の活躍により、Season1で父の遺産5兆円を相続した十川一華(広瀬さん)だったが、Season2となる本作では、別の財閥の遺産2000億円も相続することになり、その一族の人間からまたも命を狙われることになってしまう。 (出典 m.media-amazon.com) (出典 www.crank-in.net) (出典 dorama9.com) (出典 www.asahicom.jp) (出典 dorama9.com) (出典 www.ytv.co.jp) (出典 vod-halloffame.com) (出典 pbs.twimg.com) (...
エンターテインメント

清原果耶「ファイトソング」、終盤で盛り返せる条件は・・・

 GP帯の冬ドラマも終盤。世帯視聴率では阿部寛(57)主演のTBS系日曜劇場「DCU」がトップを独走し、“満足度”では菅田将暉(29)主演のフジテレビ系月9「ミステリと言う勿れ」がトップだ。 「毎クール終盤に差しかかると、ネット上で〈〇〇ロス〉なんて言葉が目立つようになりますが、今のところあまり見当たりません。総じて地味なクールだった」(スポーツ紙芸能担当デスク)  確かに「DCU」「ミステリ」、そして定番の「相棒」以外、世帯視聴率の全話平均は2ケタに届いていないが、その一方で、こんな声も。  テレビコラムニストの亀井徳明氏は「世帯視聴率だけ見ればそうかもしれませんが、今期はテーマやジャンルが偏らず、ドラマファンはそれぞれの好みを見つけられやすかったと思います。2ケタに届かなくても、7~8%で安定した作品が多い」と、こう続ける。 (出典 news-img.dwango.jp) (出典 cdn.utaten.com) (出典 news.mynavi.jp) (出典 www.crank-in.net) (出典 ...
エンターテインメント

土屋太鳳&松下洸平「やんごとなき一族」クランクイン

4月14日スタートのフジテレビ系新木曜劇場『やんごとなき一族』(毎週木曜よる10時~)。主演を務める女優の土屋太鳳と、共演する俳優の松下洸平が、都内でクランクインを迎えた。 今作は、庶民の家庭から上流社会の一家に嫁ぐことになった土屋演じる主人公・篠原佐都(しのはら・さと)が、理不尽な家のしきたりや親族内の複雑な人間関係に翻弄(ほんろう)されながらも、松下演じる夫・深山健太(みやま・けんた)とともに真正面から立ち向かい奮闘する“アフター・シンデレラ・ストーリー”を描く。原作は現在『Kiss』(講談社)で連載中の、こやまゆかり作の同名コミック。 青空の下、暖かな陽気の中で2人がクランクイン。スタッフから「篠原佐都役の土屋太鳳さんです!」と紹介されると、土屋は「よろしくお願いします!」と一礼。続いて「深山健太役の松下洸平さんです!」と紹介され、松下が「ありがとうございます!」と応えてみせると、2人に向けてスタッフから大きな拍手が贈られた。 (出典 img.cinematoday.jp) (出典 pbs.twimg.com) (出典 www....
エンターテインメント

『妻、小学生になる。』、衝撃ラストに驚きの声「ついにこの日が」

 俳優の堤真一が主演を務めるドラマ『妻、小学生になる。』(TBS系/毎週金曜22時)の第7話が4日に放送。ラストシーンで衝撃の展開を迎えると、視聴者から驚きの声が上がった(※以下、ネタバレを含みます。ご了承の上、お読みください)。  大みそかの夜、圭介(堤)と麻衣(蒔田彩珠)、万理華(毎田暖乃)、千嘉(吉田羊)は「寺カフェ」のマスター(柳家喬太郎)のお寺へ向かう。  「今年はホントにいろいろあったなあ。どれだけこの先、歳を取っても、僕はきっと今年が一番幸せな年だったと振り返るんだろうな」と満足そうな圭介。そんな圭介を見て、万理華も「まだまだ未来は長いのよ。もっともっと新しい幸せを更新していきましょ」と笑顔を見せる。  そこへマスターが現れ、「わざわざおそろいで。どんな願い事?」と質問。圭介が「白石家と新島家の末長い幸せを」と返答すると、マスターは「末長い幸せよりは、今を楽しむことね」と意味ありげに話し、万理華の顔を見る。  その後、「寺カフェ」に移った一同。4人で腕を組み、新しい年が明けるそのときを待つ。「幸せな大みそかね…」と本当に幸せそうな万理華…。 ...
エンターテインメント

「やんごとなき一族」に渡邊圭祐・松本妃代・馬場ふみか出演決定

 土屋太鳳が主演を務めるフジテレビ系連続ドラマ「やんごとなき一族」(毎週木曜22時)の追加キャストとして、渡邊圭祐、松本妃代、馬場ふみかが出演することが明らかになった。また、ドラマの放送開始日が4月14日に決定した。  本作は、漫画家・こやまゆかりの同名コミックを原作に、庶民の家庭から上流社会の一家に嫁ぐことになった女性を描く“アフター・シンデレラ・ストーリー”。脚本は「この恋あたためますか」の神森万里江、演出は「コンフィデンスマンJP」シリーズや「イチケイのカラス」の田中亮が担当。土屋演じる主人公・篠原佐都(しのはら・さと)が、松下洸平演じる夫・深山健太(みやま・けんた)と共に、理不尽な家のしきたりや親族内の複雑な人間関係に真正面から立ち向かう。  渡邊圭祐が演じるのは、佐都の義弟にあたる深山家の三男・大介。当主である父・圭一に与えられた美容クリニックのオーナーで、妻のリツコ(松本妃代)ときらびやかな生活を送っているが、2人の結婚は深山家の利益のために圭一が強引に進めたもので、夫婦仲は冷え切っている。そのためか、佐都と恋愛結婚をした兄・健太には複雑な思いも。奔放で楽天家な...
エンターテインメント

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』、最終回が気になる時期に・・・

 安子(上白石萌音/24)、るい(深津絵里/49)とヒロインが受け継がれてきたNHKの連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』。最後のバトンを受け取ったひなた(川栄李奈/27)編も放送はあと1か月と少し。そろそろ最終回が気になる時期になってきた。  3月1日の放送では、算太(濱田岳/33)がついに回転焼きの大月屋を訪れた。丁寧に作られたあんこ、そしてひなたの母親がるいという名前を知り、なにかに気づいたような表情を見せた算太。数十年ぶりのるいと再会、過去について明かすのかと思いきや、ナレによってもう算太は登場しないことが告げられてしまった。この肩透かしに、ツイッターが大騒ぎになったことは、書くまでもない。 『カムカム』は「三世代、100年にわたるファミリーストーリー」をうたっていることもあり、登場人物の数が、これまでの朝ドラよりはるかに多い。また、今回の算太のように時代を経て人気キャラが再登場するパターンも多く、そのたびに話題となっている。  ここまでで再登場していないキャラの中で、視聴者が一番、気になっているのが安子だろう。しかし、るいを裏切る形で渡米してしまったため、...
エンターテインメント

鎌倉殿の13人、菅田将暉の義経の残酷登場シーンに衝撃

俳優の菅田将暉さんが2022年2月27日放送の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(NHK)に源義経役で本格的に登場し、「サイコパス感」溢れる描かれ方が話題になっている。 うさぎを賭けて、男と弓で対決するが... 大河ドラマ61作目。舞台は1175年、平清盛(松平健さん)が大権力者として君臨していた日本。主人公の北条義時(小栗旬さん)は、伊豆の弱小豪族の次男に過ぎなかったが、流罪人・源頼朝(大泉洋さん)と姉・政子(小池栄子さん)の結婚をきっかけに、状況が一変。頼朝の右腕として武士の頂点に昇り詰める姿を描く。脚本は、「古畑任三郎」シリーズや大河ドラマ「新選組!」「真田丸」などで知られる三谷幸喜さん。 菅田さん演じる義経については、ドラマ公式サイトでは「頼朝と生き別れた弟」「性格は欠点ばかりだが、戦場では恐るべき才能で次々と奇跡を起こす悲劇の天才武将」と紹介している。 野原でうさぎを射り、「今夜はうさぎ汁だ」と喜ぶ義経。そこに、そのうさぎを仕留めたのは自分だと主張する男が現れる。うさぎには男の弓が刺さっており、どちらが仕留めたのかは一目瞭然。うさぎを...
エンターテインメント

『ミステリと言う勿れ』、謎を解く中で登場した花言葉に「怖すぎる」などの声

 俳優の菅田将暉が主演するドラマ『ミステリと言う勿れ』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の第8話が28日に放送。整(菅田)が謎を解く中で登場した花言葉に視聴者からは「怖すぎる」などの声が集まっている。(※以下、ネタバレを含みます。ご了承の上、お読みください)。  整は、喜和(水川あさみ)の墓参りへ。喜和は、整が幼い頃に出会い、彼に大きな影響を与えた存在だった。墓参りで整は、喜和のかつてのパートナーで整の恩師・天達(鈴木浩介)に会う。そこで天達は、高校時代の同級生とゲストを呼んでミステリー会を開催するので、整にも来てほしいと頼んだ。  そのミステリー会は蔦に覆われた山荘“アイビーハウス”で開かれた。そこの主人である蔦(池内万作)は、別荘の以前のオーナー夫人がバルコニーから転落して亡くなった事件の真相を解き明かしてほしいという謎解きを出す。蔦は、亡くなった夫人は花を愛しており、壁にも彼女が描いた絵がたくさん飾ってあるのだと話す。  整は謎を解く中で、飾ってある絵の花言葉にも注目する。絵の花言葉は「死んでも離さない」「嫌悪」「貴方は冷たい」「貴方が信じられない」「失望」「触...
エンターテインメント

「真犯人フラグ」、星の豹変ぶりに視聴者が騒然!

 ドラマ「真犯人フラグ 真相編」(日本テレビ系・毎週日曜よる10時30分~放送)の18話が27日に放送され、あることをきっかけに一星(佐野勇斗)の態度が豹変し、視聴者を騒然とさせた。また、猫おばさん(平田敦子)の正体が明らかになり「衝撃を受けた」と反響を呼んでいる。(以下、ネタバレあり)。  本作は、中堅の運送会社・亀田運輸に勤める平凡なサラリーマンの凌介(西島秀俊)が主人公。妻の真帆(宮沢りえ)と、娘の光莉(原菜乃華)、息子の篤斗(小林優仁)がある日突然失踪することから物語は展開する。これまでに光莉と篤斗と再会した凌介は、部下・瑞穂(芳根京子)、親友・河村(田中哲司)と日野(迫田孝也)、そして光莉の彼氏である一星(佐野)の協力のもと真帆を探すのだった。  第18話では、トランクルームの鍵をきっかけに、一星が凌介たちから詰められる。最初は否定するも徐々に一星の様子が変化。手を叩いて「大正解!」と告白する。駅のホームで陽香(生駒里奈)が凌介に抱きついた写真、新居の工事現場に埋まっていた光莉のローファー、そして光莉の監禁動画などの真相を吹っ切れた表情で語り始め、悪びれる様子もな...
エンターテインメント

堀田真由主演『木のストロー』お仕事ドラマ×SDGsに見るエンタメの役割とは

昨年の「新語・流行語大賞」にノミネートされ、言葉の認知率は50%を超える(2021年、電通調査)など、広く浸透するようになってきた「SDGs」。持続可能な社会をつくるための目標を掲げたもので、テレビ各局でも番組などを通して啓発を行っているが、社会問題や環境問題を真正面から取り上げると敷居が高くなってしまい、制作現場からは視聴率との両立に苦心する声も聞こえてくる。 問題意識を周知するというメディアの役割、そして経済活動を行う企業としての持続性という点で悩ましいところだが、その1つの解となりそうなのが、きょう26日(15:30~)に放送されるスペシャルドラマ『木のストロー』(フジテレビ ※関東ローカル)だ。 世界初の“木のストロー”を開発・実現するまでの実話を描いた書籍『木のストロー』(アキュラホーム 西口彩乃・著/扶桑社)が原案の今作。“木のストロー”をひらめく主人公・若木陽菜(堀田真由)と、彼女の最大のハードルとして立ちはだかる上司・奥沢塔子(鈴木保奈美)の2人を軸に、ストーリーが展開されていく。 間伐材を再利用した“木のストロー”というアイデアを思いつくも、技術的な...
エンターテインメント

ドラマ「妻、小学生になる。」、謎が多くて目が離せない~

 堤真一が主演するドラマ「妻、小学生になる。」(TBS系)の6話が、25日に放送された。  本作は、10年前に愛妻・貴恵(石田ゆり子)を亡くし、生きる意味を見失っていた新島圭介(堤)と、娘の麻衣(蒔田彩珠)のもとに、小学生の女の子として生まれ変わった妻の白石万理華(毎田暖乃)が現れる。 そんな妻(母)の姿に戸惑いながらも、2人が「生きること」に再び向き合おうとする姿を描くホームドラマ。(※以下、ネタバレあり)  万理華の母・千嘉(吉田羊)は、今の万理華が自分の娘とは別人であることを受け入れたが、どう接したらいいのか分からなかった。  万理華も、貴恵(石田ゆり子)としての記憶を思い出した反動で万理華の記憶が薄れていることが心苦しかった。圭介も千嘉の力になりたかったが、解決策が見つからなかった。  一方、圭介の会社では、上司の守屋(森田望智)が企画した新商品のPRイベントが大成功するが、発売前の商品画像がSNSに流出してしまい、計画が台なしになってしまう。  そんな中、圭介は万理華から麻衣が恋をしていると聞かされ複雑な心境になる。弱音を吐く圭介に、万理華はバー...
エンターテインメント

「ムチャブリ!」7話、志尊淳の手の添え方が話題に

「ムチャブリ! わたしが社長になるなんて」の第7話が2月23日放送。志尊淳演じる大牙が雛子に猛アタック…その方法に「積極的すぎる」などの声が。さらにテーブル越しのキスの際の“手”にも「優しいのよ手の添え方が」など多くの反応が集まっている。 出世欲ナシ彼氏ナシ、“今のままでいいのか?”と思い悩む主人公がカリスマ社長の“ムチャブリ”によって社長になる…というストーリー展開の本作。 キャストは「株式会社リレーション・フーズ」社長になりレストラン「プチボナール」のチェーン展開に踏み出した高梨雛子に高畑さん。笑顔で“ムチャブリ”してくる「リレーション・ゲート」のカリスマ社長・浅海寛人に松田翔太。前回、泣いている雛子を抱きしめた大牙涼に志尊淳。 リレーション・フーズの社員として総務を担当する宮内剛に荒川良々。経理を担当する深山和湖に山田真歩。営業を担当する田辺和真に忍成修吾。シェフの古賀道夫に神保悟志。見習いシェフの萩尾慧に松岡広大。雛子の親友でリレーション・フーズのスタッフになった佐々川知美に夏帆。 雛子の後任として浅海の秘書をしている水科柚に片山友希。浅海と過去交際して...
エンターテインメント

「ミステリと言う勿れ」、 言葉失う展開に衝撃と涙

 菅田将暉主演の月9ドラマ「ミステリと言う勿れ」(フジテレビ系、毎週21時~21時54分)第7話が21日に放送され、虐待が生んだ悲劇の連鎖を描いたエピソードにネット上では衝撃と涙の感想が次々と寄せられている(※一部ネタばれあり)。  本作は、累計発行部数1,400万部突破の田村由美の漫画を原作に、天然パーマがトレードマークの大学生・久能整が淡々と自身の見解を述べるだけで難事件や人の心の闇を解きほぐしていくミステリー。第7回では、前話のラストで整が下戸陸太(おりと・ろくた/岡山天音)に拉致され絶体絶命のピンチを迎えたのちのこと。虐待された子供が親の殺害を依頼するという“炎の天使”の正体、意外な顛末が描かれた。  整は病院で知り合った謎の美女・ライカ(門脇麦)にもらったクリスマスプレゼントが功を奏し、脱出に成功。しかし、何を思ったのか整は逃げることをせず陸太と共に天使のアジトへと向かう。“炎の天使”とは、自身も親に虐待されていた井原香音人(いはら・かねと/早乙女太一)のこと。彼の母は父と別れてから異常をきたし、息子を溺愛し苛むように。そんなある日、香炉の炭が原因で火事が起こり母...
エンターテインメント

カムカムエヴリバディ、桃太郎の一言に視聴者から笑いが

 女優の上白石萌音さん、深津絵里さん、川栄李奈さんが主演するNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「カムカムエヴリバディ」(総合、月~土曜午前8時ほか)第78回が2月21日に放送。ひなた(川栄さん)の弟・桃太郎(野崎春さん)のしっかり者ぶりに、視聴者から笑いが起こった。  第78回では、条映太秦映画村でアルバイトをしていたひなた(川栄さん)は、「破天荒将軍」の撮影現場で女優の美咲すみれ(安達祐実さん)の機嫌を損ねてしまう。大部屋俳優の五十嵐(本郷奏多さん)がひなたを止めようとして、さらに大きなトラブルを引き起こし、撮影は中断。しかし、そんな2人の時代劇愛に心を動かされたすみれは、新たな気持ちで芝居に向かう……という展開だった。  終盤、五十嵐が回転焼き屋「大月」にやってきて、ひなたと会話していると、家の奥から野球のユニホーム姿の桃太郎が登場。錠一郎(オダギリジョーさん)をランニングに誘うと、錠一郎から「今日の分の宿題済んだん?」と聞かれる。桃太郎が「あさっての分までやったわ」と返答すると、錠一郎は「おっ、破天荒やなあ」と驚き、2人でランニングに向かった。  桃太郎の予想外の返...
エンターテインメント

「ドクターホワイト」第6話、浜辺美波“白夜”ラストで語った言葉に困惑と動揺の声

浜辺美波が主演する「ドクターホワイト」の第6話が2月21日放送。謎の腹痛を訴える少年、その“確定診断”に「あー確かに」など納得する視聴者が続出。ラストで白夜が語った言葉には困惑と動揺が入り混じったツイートも多数投稿されている。 豊富な医療知識だけを残したまま、他の記憶を失った正体不明の女性・雪村白夜を浜辺さんが演じ、白夜が医師たちを前に「それ、誤診です!」と病名を覆して患者の命を救っていく新感覚医療ミステリードラマとなる本作。 浜辺美波が主演する「ドクターホワイト」の第6話が2月21日放送。謎の腹痛を訴える少年、その“確定診断”に「あー確かに」など納得する視聴者が続出。ラストで白夜が語った言葉には困惑と動揺が入り混じったツイートも多数投稿されている。 豊富な医療知識だけを残したまま、他の記憶を失った正体不明の女性・雪村白夜を浜辺さんが演じ、白夜が医師たちを前に「それ、誤診です!」と病名を覆して患者の命を救っていく新感覚医療ミステリードラマとなる本作。 ※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。 夏樹はJMAで心臓外科医として働く元同僚から、外科医...
エンターテインメント

香里奈“バタコ”が見せた押し入れに非難の声が続々と

「真犯人フラグ 真相編」17話が2月20日放送。香里奈演じるバタコが篤斗に見せた“押し入れの中身”に「なんちゅーもん見せとんのや」など非難の声が上がる一方、佐野勇斗演じる一星と生駒里奈演じる陽香の過去にも賛否両論様々な意見が集まっている。 堅運送会社・亀田運輸勤務、建築中のマイホームの完成を心待ちにしていた相良凌介の妻子が突然失踪。凌介への疑いが強まるなか、同僚や娘の彼氏、学生時代の友人たちが力を貸す。そして明かされていく妻の不倫、息子に血のつながりがなかった事実…娘と息子は返ってくるが、そのことで妻の失踪と子どもたちの誘拐は別の事件である可能性も示唆される。さらに事件には謎の宗教団体や“裏稼業”を行う男らも絡んでいるようで…というストーリーが展開してきた本作。 主人公・相良凌介に西島秀俊。不倫していたことが判明した凌介の妻・真帆に宮沢りえ。家出した先で誘拐された娘・光莉に原菜乃華。凌介の実の子ではなかっ息子・篤斗に小林優仁。 凌介に協力してきたが陰で謎の行動もしていた二宮瑞穂に芳根京子。凌介の娘・光莉の彼氏で光莉と“引き換え”に行方不明となった橘一星に佐野さん。凌介...
エンターテインメント

『30までにとうるさくて』、リアルなエピソードをそのままドラマの中に

1月13日からABEMAで配信が始まったドラマ『30までにとうるさくて』。30歳を前にして、様々なことで悩み、葛藤する4人の29歳の独身女性をユーモラスかつ痛烈に描くオリジナルストーリー。渋谷を舞台に、彼女たちの結婚、出産、友情、セクシャリティーやキャリアに対する考え、人生観を浮き彫りにしていく。 主演をバンド「ゲスの極み乙女。」のドラマーのさとうほなみが務めるほか、山崎紘菜、佐藤玲、石橋菜津美ら、ドラマや映画で活躍するキャストが集結した。制作は、フジテレビで『恋仲』『グッド・ドクター』など数々のヒットドラマを放ち、現在はフリーのコンテンツプロデューサーとして活動する藤野良太氏。ABEMAでは女子高生が直面する性への興味や関心を描いた『17.3 about a sex』などを制作してきた。今回は『17.3~』と同じ手法で、29歳付近の女性20~30人に直接インタビューをして生の声を拾い、リアルなエピソードをそのままドラマの中に反映している。 企画のきっかけは、ABEMAの社内会議で「今、社内の若い女性社員たちがABEMAのドラマを積極的に見ておらず、YouTubeや他の番組...
エンターテインメント

「家政夫のミタゾノ」シーズン5放送決定、新米家政婦に山本舞香

松岡昌宏(TOKIO)が主演を務めるテレビドラマ「家政夫のミタゾノ」シーズン5が、4月よりテレビ朝日系で毎週金曜に放送される。 「家政夫のミタゾノ」は松岡演じる女装した大柄な家政夫・三田園薫が派遣された家庭の内情をのぞき見し、そこに巣食う“根深い汚れ”をスッキリ落としていくという痛快ヒューマンドラマ。今シーズンにはシリーズ第3弾から三田園の後輩家政夫・村田光役を演じている伊野尾慧(Hey! Say! JUMP)が継続して出演するほか、山本舞香が三田園を“姐さん”と慕う元ヤンキーの新人家政婦・本仮屋素子として新キャストに加わる。 続編への出演を期待していたという伊野尾は「城島(茂)くんとロケでご一緒した時に、マネージャーさんに『ミタゾノ、またやるんですか?』『僕は…出られるんですかね…?』ってこっそり確認したんです(笑)」と裏話を明かしたほか、新加入する山本舞香との絡みについて「山本さんが演じる本仮屋素子は元ヤンキーでミタゾノさんを“姐さん”と慕うキャラらしいので、きっと光くんはいろいろと虐げられるんだろうな…。それもちょっと楽しみです(笑)」とコメントしている。 ...
エンターテインメント

「カムカムエヴリバディ」、ひなたの同級生・野田一恵が画面に登場して話題に

 NHK朝ドラ「カムカムエヴリバディ」で3代目ヒロイン・ひなたを演じる川栄李奈(27)が10日から登場しているが、ひなたの同級生・野田一恵が画面に登場した瞬間、〈田畑智子に似たこの女性は誰?〉とネット上で話題になった。三浦透子(25)という、今、世界で最も注目されている女優だ。  三浦が出演する映画「ドライブ・マイ・カー」(濱口竜介監督)は1月9日、第79回ゴールデングローブ賞で非英語映画賞(旧外国語映画賞)を受賞。日本映画の受賞は実に62年ぶりで、さらに2月8日に第94回アカデミー賞の作品賞をはじめとした4部門にノミネートされたことで俄然注目を浴びることとなった。妻を亡くした俳優であり演出家の家福悠介(西島秀俊)が専属女性ドライバーと出会い、2人の時間を共有しながら喪失感と向き合っていくというストーリー。三浦はこの映画で専属ドライバーの渡利みさきを演じている。 『三浦透子』について画像をまとめてみた ...
エンターテインメント

“桜井カンナ”遠藤さくらの秘密が判明! 「もしも、イケメンだけの高校があったら」

 俳優の細田佳央太(かなた)さん主演の連続ドラマ「もしも、イケメンだけの高校があったら」(テレビ朝日系、土曜午後11時)第6話が2月19日に放送される。同話では、ヒロインの桜井カンナ(乃木坂46・遠藤さくらさん)の秘密が判明。カンナが「いっくん」と呼ぶ美南学園の“絶対的エースイケメン”柳一星(宮世琉弥さん)との関係が明かされる。  ドラマは、秋元康さんの企画・原作で、個性豊かなイケメン高校生たちが「全国選抜高等学校イケメン大会(イケセン)」制覇を目指して奮闘する青春コメディー。  第6話では、テレビの取材が入り、浮かれ気味のイケセン候補生たちに、エース・柳が「何としてでも全国にいくんだ」と活を入れて、スパルタ特訓を強いる。その特訓はどんどんハードになり、ついていけない候補者たちの我慢の限界がきて、柳は孤立していく。 (出典 static.chunichi.co.jp) (出典 pbs.twimg.com) (出典 pbs.twimg.com) (出典 realsound.jp) (出典 livedoor.blog...
エンターテインメント

「君と世界が終わる日に 特別編」、出来栄え自信あり

俳優の竹内涼真が17日、日本テレビ系金曜ロードショー『君と世界が終わる日に 特別編』(25日よる9時放送)の取材会に、中条あやみ、笠松将、飯豊まりえ、長濱ねる、須賀健太らとともに出席。1年半の撮影で変化したこと明かした。 竹内涼真、1年半の撮影で変化したこととは? 約1年半をかけて撮影された同作品シリーズ。「シーズン1から響の見た目はどう変化しましたか?」と聞かれた竹内は「とりあえず、髭が増えました!熊みたいに」と笑い交じりに答えた。 さらに髪型について、シーズン1と2では金髪だったが今作では「自分で(髪を)切って、少し昔あった金髪が残ってるというのをイメージした」と説明。「だいぶもさっと(笑)。外で寝たりとか、汚い大変な人生を送ってきたんだなっていう雰囲気はだいぶ出せたかなと思います」と話した。 司会者から「だいぶワイルドになってますね」と言われた竹内は、特別編から登場する室田シンジを演じる須賀健太に対して「キレイに前髪揃ってますから。どんだけサバイバルやってもキューティクルが落ちない」とツッコミ。これに対して須賀は「キューティクル命でやってましたから。もしかし...
エンターテインメント

『カムカムエヴリバディ』、上白石萌音とるい・深津絵里とひなた・川栄李奈3人が集合!

 NHKの連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』は母娘3人の100年にわたる物語。時代をまたいで登場するキャラがこれまで以上に多く、ファンの間で話題になっている。  2月16日の放送では、ベテラン大部屋俳優の伴虚無蔵(松重豊/59)から、条映太秦撮影所に呼び出されたひなた(川栄李奈/27)が描かれた。大部屋俳優たちの様子や、五十嵐文四郎(本郷奏多/31)との再会があり、今後、撮影所で奮闘するであろうひなたの今後が楽しみになる内容だった。  ここのところは伴や五十嵐など新キャラの登場が話題になっているが、『カムカム』の魅力は過去に登場したキャラが時を経て、再び活躍するところ。3代にわたる物語ならではの楽しみだろう。たとえば大阪時代にるい(深津絵里/49)の恋のライバルだったベリーこと野田一子(市川実日子/43)がひなたの同級生・一恵(三浦透子/25)の母親で、ひなたに茶道を教えていたりする。  ほかにも安子(上白石萌音/24)の岡山時代に荒物屋を営んでいた赤螺吉兵衛(堀部圭亮/55)の息子、吉右衛門(堀部の2役)が京都で同じ荒物屋を営んでいるなど。過去キャラの再登場は視...
エンターテインメント

ドラマ「共演NG」、英語版リメークの制作が決まった

20年10月期にテレビ東京系で放送され話題となったドラマ「共演NG」の、英語版リメークの制作が決まったことが18日、分かった。同作の企画・原作を手掛けた秋元康氏と、米俳優ウィル・スミスが率いるグローバルメディア企業ウエストブルック社の業務提携の一部。同社が同ドラマの全世界権利を獲得し、英語版リメークの開発を決定したと、現地時間17日に米ハリウッド最大級のエンタメニュース「Deadline Hollywood」で報じられた。 同ドラマは、20年前に別れて長期にわたり共演NGとなった芸能界のビッグカップルの人間関係を描いたコメディー。業界のタブーを扱った内容でオンエア直後から大反響となった。秋元氏のアイデアによる競合スポンサー同士の“共演”も話題に。飲料メーカー「サントリー」と「キリン」が毎話異なる提供読みで紹介されていたが、最終話では2社のロゴがぶつかるアニメーションとともに、グラスの音が鳴り、ついに“乾杯”するなど、最後の最後まで視聴者を楽しませた。 ウエストブルック社のテレンス・カーター氏は「この作品はウエストブルックとして、アジアのテレビフォーマットの市場に進出する上で...
エンターテインメント

今田美桜主演『悪女(わる)』、30年ぶり再ドラマ化が決定!

2022年4月スタートの日本テレビ系新水曜ドラマが『悪女(わる)~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~』に決定した。 30年ぶりに再ドラマ化、誰が演じるの?と話題に 深見じゅん原作の大人気少女コミック『悪女(わる)』が再びドラマ化される。石田ひかりと倍賞美津子が演じたドラマ「悪女(わる)」の放送は1992年4月。ちょうど30年の時を経て、令和版「悪女(わる)」が2022年4月にスタートする。 先週JR渋谷駅の巨大ポスターなどで話題になっていた「田中麻理鈴って誰?」キャンペーン。特設サイトでは情報公開前にも関わらず、謎を解けた人のみがドラマの企画書を見られる仕組みになっていたが、キャストは未公表だった為、SNSを中心に「田中麻理鈴は誰が演じるの?」と話題になっていた。 今田美桜がドラマ初主演、江口のりこと初共演 今回、田中麻理鈴を演じるのは、ドラマ初主演となる今田美桜。今田が演じるのは、三流の大学を四流の成績で卒業した、ポンコツだけど型破りな新入社員、田中麻理鈴(まりりん)。一度聞いたら忘れることのできない名前を持つ彼女は、運よく大手IT企業に就職するもの...
エンターテインメント

松本潤主演「となりのチカラ」、今の世の中が見えてくる

 東に病気の子どもがいれば看病してやり、西に疲れた母親がいれば荷物を背負ってあげる。宮沢賢治「雨ニモマケズ」に登場する、ワタシだ。  父親からDVを受けている少女がいれば相談に乗ってやり、認知症の女性とその世話をする孫がいれば見守ってあげる。こちらは木曜ドラマ「となりのチカラ」(テレビ朝日系)の主人公、中越チカラ(松本潤)である。  ドラマ版「雨ニモマケズ」といった感じだが、チカラが放っておけない相手は同じマンションの住人たちだ。日常的に接するからこそ、親切とおせっかいの線引きが難しい。  それにチカラにできることは限定的だ。迷った末の見当違いもある。先週はベトナムから来た女性研修生に頼まれ、父親でもないのに中絶同意書にサインしていた。妻の灯(上戸彩)の助けで事態は好転したが、何かと危なっかしい主人公だ。 (出典 dorama9.com) (出典 post.tv-asahi.co.jp) (出典 www.j-cast.com) (出典 i.bb-navi.com) (出典 shonentachi-movie...
エンターテインメント

「ドクターホワイト」、少しづつ“人間性”を見せる白夜に「可愛い」の声

浜辺美波が主演を務める「ドクターホワイト」第5話が2月14日オンエア。少しづつ“人間性”を見せる白夜に「可愛い」「もはや親目線」の声が相次ぐとともに、柄本佑演じる将貴の「俺が君を絶対に守る」にも「キュンとした」などの反応が続出中だ。 医療誌の記者・狩岡将貴は白衣だけを身に着け倒れている女性を発見する。彼女は驚異的な医学知識と天才的な診断能力を残し記憶を失っていた…その女性、雪村白夜が「それ、誤診です!」と病名を覆し、患者の命を救っていく新感覚医療ミステリードラマとなる本作。 浜辺さんが雪村白夜役で主演。白夜の謎を探るなかで脅迫まで受けることになる「月刊メディカルサーチ」記者・狩岡将貴を柄本さんが、高森総合病院の内科医で院長の娘でもある高森麻里亜を瀧本美織が、事故で両親を亡くし兄の将貴と2人暮らし中の狩岡晴汝を岡崎紗絵がそれぞれ演じる。 また指名手配されてしまう高森勇気に毎熊克哉。脳神経外科医・仙道直樹に高橋努。若手研修医・佐久間新平に高橋文哉。皮膚科医で外科医でもある夏樹拓実に勝地涼。精神科医・西島耕助に片桐仁。院長の座を狙う高森総合病院外科部長・真壁仁に小手伸也。病...
エンターテインメント

山田涼介、本格ラブコメ初主演! 「俺の可愛いはもうすぐ消費期限!?」

山田涼介(Hey! Say! JUMP)が主演を務める連続ドラマ「俺の可愛いはもうすぐ消費期限!?」が、4月よりテレビ朝日系「オシドラサタデー」枠で放送される。 このドラマは“可愛い”を最大の武器として働いているビールメーカーの営業職・丸谷康介が主人公。30歳を目前にしてある衝撃的な出来事に遭遇し「俺の“可愛い”には消費期限がある」と思い知った康介が受け身の人生に別れを告げ、本当の意味で初めての恋に落ちる様子を描くラブコメディだ。康介の恋の相手となるヒロインで、26年間恋愛経験ゼロの通称“ロボット女”こと真田和泉役を芳根京子が演じる。 山田は2019年放送のテレビ朝日系ドラマ「セミオトコ」でラブストーリーの主演を務めているが、本格的なラブコメディの主演は今回が初とのこと。現在29歳の山田は「こういうド直球のラブコメはあまり経験がなかったので、『20代最後に来たか!』と、ちょっとワクワクしています」と意気込みを明かしている。 (出典 www.j-storm.co.jp) (出典 encount.press) (出典 www.fujitv-...
エンターテインメント

小芝風花主演『妖怪シェアハウス』、池田成志と豊田裕大がレギュラーキャストとして新加入

 女優の小芝風花が主演するテレビ朝日系土曜ナイトドラマ『妖怪シェアハウス-帰ってきたん怪-』(4月スタート、毎週土曜 後11:00~11:30)に、池田成志と豊田裕大がレギュラーキャストとして新加入することが明らかになった。6月公開予定の映画にも出演が決まっている。  同ドラマは、2020年7月クールに放送され、好評を博した『妖怪シェアハウス』の続編。小芝演じる気弱で空気を読むことだけが取り柄だった目黒澪(めぐろ・みお)が、ボロボロのどん底に陥っていたところをシェアハウスで暮らす妖怪たちに拾われ、やがて澪が直面するトラブルや悪い奴らを妖怪たちに助けられながら成敗し、成長していく姿を描いた異色のホラーコメディー。6月には映画版の公開も控える。  人の目を気にして悪目立ちすることを恐れていた澪が、自由に生きる妖怪たちと関わる中で、小説を書きたいという夢も見つけ、最後には「自分らしく生きる!」と息巻いて“妖怪ヒラキナオリ”としてシェアハウスから羽ばたいていったが、現実は厳しかった!? 気持ちはあってもお金がなくて、小説を書くどころかまともな生活すらできず、またしてもボロボロのどん...
エンターテインメント

吉田鋼太郎「おいハンサム!!」60代ヒットメーカーの世界観が令和に刺さるワケ

 1月期の地上波連ドラも中盤へ。阿部寛(57)主演の「DCU」(TBS系=日曜夜9時)や菅田将暉(28)主演の「ミステリと言う勿れ」(フジテレビ系=月曜夜9時)が世帯視聴率2ケタをキープしているが、北京五輪の影響もあって、数字だけ見ると今期は全体的に低調か。 「数字と評価は別物。世帯視聴率トップの『DCU』も、ネット上ではマイナスの意見のほうが多いくらいです。もっとも、それだけ見られている証拠でもありますが……」(エンタメ誌ライター)  そんな中、視聴率に関係なく絶賛の声が多いのが、東海テレビ制作の“オトナの土ドラ”枠で放送中の吉田鋼太郎 (63)主演「おいハンサム!!」(フジテレビ系=土曜夜11時40分)だ。CS放送の日本映画専門チャンネルとの共同制作によるホームドラマで、〈家族×食×恋をテーマにした最新コメディー〉(公式HPより)。  伊藤理佐氏の漫画「おいピータン!!」や「渡る世間はオヤジばかり」などをモチーフに描かれるのは、吉田演じるちょっとややこしい頑固オヤジと、男を見る目がない3人の娘(木南晴夏、佐久間由衣、武田玲奈)と、それをのんびりと絶妙な距離感で受...
タイトルとURLをコピーしました